ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ドル円週間見通し】米雇用統計にらみ積極的な売買手控えも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が2月29日~3月4日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 ドル・円はもみあいか。英国の欧州連合(EU)離脱懸念や米追加利上げ観測の後退を背景に市場のドル買い意欲はやや薄れる一方、円買い基調は続きそうだ。

 ただ、3月4日発表の米雇用統計(非農業部門雇用者数)は前回を大きく上回る可能性があるため、ドルを積極的に売り込みづらい展開となりそうだ。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げにやや前向きな姿勢を見せた場合、値ごろ感でドルを買い戻す動きがみられる可能性がある。

 なお、26日から上海で開かれている20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、世界経済の成長を促進させるための対策について主に議論されるもようだ。各国が財政刺激策を導入することによって需要を創出することができれば、世界経済を持続的な成長軌道に乗せることが期待できるとの声が聞かれている。

 中国は財政出動には前向きのようだが、ドイツは反対の立場のようだ。日本を含めた主要国の多くは政府債務の規模が膨らんでいることから、財政出動の余地は小さいとの見方が一般的。

 日本やユーロ圏は、中央銀行による大規模な国債購入やマイナス金利の導入などで金利上昇は抑制されているが、需要創出につながる新たな投資は拡大していない。世界経済の成長促進につながる財政出動の重要性についてG20が共通の認識を持てない場合、経済の先行きに対する不透明感は強まり、リスク回避的な取引が増える可能性がある。

【米2月雇用統計】(3月4日発表予定)
 市場予想では、2月の非農業部門雇用者数(前月比)は前回(1月)+15.1万人だったのに対し、+19.5万人、また失業率は前月と変わらずの4.9%と予想されている。非農業部門雇用者数が前回を大きく上回ればドル買いの可能性はあろう。

 2月29日-3月4日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)2月ISM製造業景況指数 3月1日(火)日本時間2日午前0時発表予定
・予想は48.6
 参考となる1月実績は48.2で12月実績の48.0をやや上回った。ただし、4カ月連続で節目となる50を下回った。雇用指数の低下などが要因。新規受注指数は上昇した。2月については先行指標となる2月のマークイット製造業PMIが51.0で1月実績の52.5を大幅に下回っていることから、5カ月連続で節目の50を下回る可能性が高いとみられる。
 
○(米)2月ADP雇用統計 3月2日(水)午後10時15分発表予定
・予想は、前月比+19.0万人
 参考となる1月実績は前月比+20.5万人。市場予想を上回る増加となったが、大企業が採用を抑制していることから12月実績を下回った。2月については、失業保険申請件数の推移を考慮すると雇用者数は1月実績を若干上回る可能性がある。

○(米)1月貿易収支 3月4日(金)午後10時30分発表予定
・予想は-432.5億ドル
 参考となる12月実績は-433.6億ドルで貿易赤字幅はやや拡大した。財の輸出額は減少しており、貿易収支の改善を妨げている。輸入額はやや増加した。1月については財の輸出増加は期待できないことや輸入額は12月並みの可能性があることから、貿易赤字額は12月実績と同水準となる可能性がある。

○(米)2月雇用統計 3月4日(金)午後10時30分発表予定
・予想は非農業部門雇用者数が前月比+19.5万人、失業率は4.9%
 参考となる1月実績は、非農業部門雇用者数が+15.1万人で市場予想の+19万人を下回った。ただし、失業率は2008年2月以来となる4.9%に低下した。また、平均時間給は前月比+0.5%で市場予想を上回る伸びを記録した。2月については、非農業部門雇用者数は1月実績を上回る可能性が高いとみられるが、失業率は4.9%で同水準になる見込み。

○日米の主な経済指標の発表予定は、3月1日(火):(日)1月失業率、3月2日
(水):(米)地区連銀経済報告、3月3日(木):(米)2月非製造業ISM景況指数

【予想レンジ】
・米ドル/円:110円50銭-114円00銭


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【ドル円週間見通し】レンジ上限接近でドルの一段高は期待薄
米国の利上げ 「早くても9月」と想定するのが無難と専門家
ドイツのリスクが明らかになればユーロ/円はパニック売りに

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP