体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【京都市】静寂が似合う冬の古都!はんなり観光6選

【京都市】静寂が似合う冬の古都!はんなり観光6選 建仁寺

凛とした冷たい空気が漂う冬の京都は、静寂感に包まれ、ゆっくりと寺社を巡るのに最適です。老舗の湯豆腐に舌鼓を打ち、京都の定番のお寺清水寺を参拝しましょう。高台寺や建仁寺も独特の雰囲気を持つお寺です。

夜はライトアップされた閑臥庵に足を向けましょう。ゆっくりと過ぎてゆく京都の夜に身を委ねてみてはいかがでしょうか?

1.清水寺

真正面から眺める清水の舞台もステキ♪

清水寺

子安塔へと続く脇道は舞台を真正面に望む穴場の絶景スポット

清水寺 左から御守護450円、幸守400円、縁結守450円 清水寺 高さ約15mの子安塔。内部には安産信仰を集める子安観音が祀られている

高さ約13mの舞台は圧巻!

清水の舞台は、やはり唯一無二の美しさ!随求堂(ずいくどう)の地下で梵字に触れる「胎内めぐり」や、首が360度まわる首振り地蔵など隠れた名所探しも楽しんで。 清水寺

TEL/075-551-1234(清水寺寺務所)

住所/京都市東山区清水1-294

営業時間/6時~18時※季節変動あり

定休日/なし

料金/拝観料(本堂・舞台)大人400円、小・中学生200円

アクセス/電車:JR京都駅より市バスで20分、五条坂バス停より徒歩10分

車:名神京都南ICより20分

駐車場/なし

「清水寺」の詳細はこちら

2.総本家 ゆどうふ 奥丹清水

大豆の香りと甘みに舌が満たされるシアワセ。

ゆどうふ 特製ダシで味わうゆどうふ鍋のほか、香ばしい胡麻どうふ、木の芽田楽、精進天ぷらなども付く ゆどうふ

約600坪の庭と築約100年の建物がなんとも風情豊か

創業1635年の老舗湯豆腐店。

名物は、自家製にがりで作る、濃厚&しっかり食感の昔どうふ。口どけ滑らかな「おきまり」もあるので、2人なら別々に注文して食べ比べるのも楽しい。

ゆどうふ 賑やかな産寧坂に佇む。白い垂れ旗が目印

総本家 ゆどうふ 奥丹清水

TEL/075-525-2051

住所/京都市東山区清水3-340

営業時間/11時~16時30分(LO16時)、土日祝~17時30分(LO17時)

定休日/木(祝日の場合は営業、振替あり)

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。