ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「貞子vs伽椰子」霊媒師セリフに期待大

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『リング』の貞子と『呪怨』の伽椰子という、邦画史2大ホラーキャラクターが禁断の共演を果たす映画『貞子vs伽椰子』の予告編が公開され、話題となっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

予告編には、貞子の呪いのビデオを偶然手にした有里(山本美月)と夏美(佐津川愛美)、そして呪いの家の隣に引っ越してきた鈴花(玉城ティナ)、霊媒師の経蔵(安藤政信)が登場。なかでもネットユーザーの間で注目されているのは、予告編の後半で経蔵が発する「バケモンにはバケモンぶつけんだよ」というセリフだ。

Twitterには、

「まって、貞子vs伽椰子のPVみたけどこれ卑怯でしょ。笑うしかないでしょこんなん。呪いのビデオを握り潰そうとする伽椰子とかシュールすぎでしょ。化物には化物をぶつけるんだよって台詞も卑怯でしょ。笑うわこんなん」
「『バケモンにはバケモンをぶつけんだよ…』最高にかっこいい!超楽しみだー!貞子VS伽椰子」

とセリフに反応する声が続出。また同映画の脚本・監督を務める白石晃士氏は、ニコニコ生放送で発表され映画化もされた『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズを手がけ、ネットユーザーには熱狂的なファンも多いとあって、

「貞子VS伽椰子の予告みたー!楽しみすぎてやばい!『バケモンにはバケモンぶつけんだよ』ってセリフがめっちゃ白石監督っぽい、最高」
「『「バケモンにはバケモンをぶつけんだよ!」と豪語し、2つの呪いに挑む霊媒師(演:安藤政信)』っていうキャラクターの登場で一気に白石監督ワールドになるのすごい」
「バケモンにはバケモンをぶつけんだよ」のセリフから溢れる白石イズムで絶対見に行こうと思った」
「バケモンにはバケモンぶつけんだよ!!!って殴りかかるのすっごい白石監督っぽい 世界戦超えて無茶するとこほんともうだめすき」

など、期待が高まっている人も多数。これまでホラーは苦手だったという人も見たくなるかも…?
(花賀 太)
(R25編集部)

「貞子vs伽椰子」霊媒師セリフに期待大はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

『貞子vs伽椰子』鬼才監督に期待大
ニコ生で“ホラー映画”百物語開催
貞子はもう怖くない?働き過ぎの声
『貞子』スマホ連動の「4D」上映
深夜のネット連動ホラー番組に期待

R25
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP