ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidと縁の深いスイーツ「Key Lime Pie」を食す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いつもの Android ネタからは少しそれてしまいますが、Android と縁の深いスイーツ「Key Lime Pie(キーライムパイ)」を食べる機会があったので、その味をレポートします。Key Lime Pie がなぜ Android と縁があるのかというと、正式には「KitKat」になった Android 4.4 の初期コードネームの Key Lime Pie だったからです。このことは、Google が公開した Android の進化のイラストAndroid のイースターエッグでも確認されています。Android のコードネームにスイーツの名前が付いているのは皆さんもご存知の通りだと思います。これまで、カップケーキ、ドーナッツ、エクレア、アイスクリームサンドウィッチ、ジェリービーン、キットカット、ロリポップ、マシュマロが正式なコードネームとして採用されました。Key Lime Pie は正式なコードネームにはなりませんでしたが、国内で販売されているところを目にしたことがないので(普通に売られていると思いますけど・・・)、ポピュラーなスイーツとは言えません。そんな Key Lime Pie を初めて食べて感動するほど美味しかったので、シェアします。Key Lime Pie は「キーライム」というライム系フルーツの果汁を生クリームに混ぜて、パイ生地にたっぷりと塗った米国のスイーツです。通常はカットしたライムが乗ったりしていますが、私が食べたものには元々乗っていませんでした。しかし、フォルムはまさに Key Lime Pie です。Key Lime Pie はとにかくクリームの量が多いので甘ったるいようなイメージを持ってしまいますが、実際に食べるとライムの酸味が生クリームの甘みを包み込み、程よい甘さにしてくれます。そして、ライムの独特な酸味がスッキリとした後味にしてくれるので、意外とさっぱり系でした。たぶん、飲み物はブラックコーヒーが合うと思います。予想していたよりも遥かに美味しと感じたので、一気に Key Lime Pie の虜となってしまいました。また食べたことのない方、カフェやレストラン、スイーツ店で見かけたらぜひ試してみてください。

■関連記事
Saygus、発売が遅れている「Saygus V2(V-Squared)」をMWC 2016で展示、OSやハードウェアをアップグレード
レコチョク、CDの音楽をスマートフォンに簡単ダウンロードできる「PlayPASS」を発表
Android版「Googleアプリ」が最新版でChromeカスタムタブをサポートし、アプリ内でWEBページが開けるようになった

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP