ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Saygus、発売が遅れている「Saygus V2(V-Squared)」をMWC 2016で展示、OSやハードウェアをアップグレード

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国のスマートフォンメーカー Saygus は、発売がもう 1 年も遅れている「Saygus V2(V-Squared)」を MWC 2016 イベントで展示していました。Saygus V2 は、2014 年末に発表されたギーク好みな仕様が特徴の Android スマートフォンで、昨年 2 月に予約受付が開始され、当時は 3 月中に発送される予定でしたが、製造ラインの切り換えなど、度重なるトラブルに遭遇し、予約開始から 1 年が経過した今でも未発表の状態。私も Saygus V2 を予約している(代金も既に支払っています)ので、MWC 2016 に出展する暇があったらさっさと発送しると突っ込みたいところです。しかし、Saygus は MWC 2016 イベントで展示した V2 で、デザインを発表当時から一部変更したほか、USB Type-C や防水性能を強化するなど、ハードウェアを一部アップグレードしています。防水性については、「丸洗いできる」と言われるほどです。さらに、OS は Android 6.0 Marshmallow にアップデートしています。Saygus は今年 1 月に、「2 月中に発送を開始する」と豪語していましたが、現時点で発送された気配はなく、また約束を守れないと見られます。約束を守れなかったのはこれでもう 4 度目です。Source : MarketWired

■関連記事
Androidと縁の深いスイーツ「Key Lime Pie」を食す
レコチョク、CDの音楽をスマートフォンに簡単ダウンロードできる「PlayPASS」を発表
Android版「Googleアプリ」が最新版でChromeカスタムタブをサポートし、アプリ内でWEBページが開けるようになった

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP