ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古都金沢で昭和初期にタイムトリップ! レトロな喫茶店で極上のケーキセットを堪能

DATE:
  • ガジェット通信を≫


付け焼刃では出せない歴史の重みを感じながら……

どうも、こんにちは。メシ通レポーターのハイリです。

早速ですが、寒い季節にぴったりな石川県金沢市のレトロな喫茶店「カフェ フレール」をご紹介しますよ!

ひゅー!

こちらです!レトロで素敵ですよね。

何と、こちらの建物は昭和5年(1930年)に建設された、国登録有形文化財、金沢市指定保存建造物の洋館なんです。文化財の洋館を見るだけでも、オメエさん達も行く価値があるって〜もんよ!(江戸っ子風に鼻水をすすりながら)

こちらの建物、現在はギャラリー三田(旧三田商店)がメインで、「カフェ フレール」は、入り口がギャラリーとは別になっています。

こちらが「カフェ フレール」の入り口です。

丸い窓が何だかオシャレだな……ふふふ。

入り口から、とてもレトロな雰囲気で、早速タイムトリップした気分になります!

ギャラリーと併設されているだけあって、絵が沢山飾ってある様子。

で、入ってすぐに目に入るのがこれです。

こちらは、コートなどの外套をかけておくところなんですが、馬の顔の装飾がオシャレです!漂う気品が半端ないっす!!

冷や汗が出る筆者でした。

では、早速奥の方のテーブル席へ……。

まぁ! 何ということでしょう!

素敵すぎるステンドグラスが!(しかも隣にはシャガールの版画が! アートな雰囲気です)こちらのステンドグラスですが、店主さんによると、建物同様、昭和初期のものだそうです。何と戦争中には、このステンドグラスの鉄枠を軍に提供したというから驚きです。

歴史がある建物って凄いですね。

新しいシャレオツな今時のカフェでは感じられない、歴史の重みを感じる場所です!

(他にも柄の異なるステンドグラスがあり、全部で三種類あります。行ってからのお楽しみということで……。一見の価値あり! です。)

では、早速ですが、メニューを拝見します。

軽食などもありますが、今回は、美味しいと評判のケーキセットを頂きますよ!

写真は、ケーキセット700円のグラノーラのチーズケーキと珈琲です。

むむむ、珈琲を早速いただきますが、香りがしっかりとあるのに、口当たりがまろやかでとても飲みやすい。何杯でもいけそうな珈琲のお味です。

では、お次はケーキをいただきます。

写真は、ケーキセット700円のグラノーラのチーズケーキ。

こちらのケーキは何層にもなっていて、珈琲とマッチする優しいお味です。決して甘すぎず、上品で美味しいですよ。

「おいどんは、甘いものはいらんでごわす。あげなモンは、おなごの食い物でごわす」

なんて、強がっている場合じゃないですよ、おいどん系男子の皆様方!(すいません、わたくし九州出身なもので、強がりな九州男児キャラがたびたび登場してしまいます)

次は、せっかくなので単品でロールケーキも食べてみます。

写真は、単品の黒蜜きなこのロールケーキ400円です。

これもきな粉の香りが鼻の奥に広がってまろやかなお味で、とても美味しい。表面の生クリームも甘すぎず、上品でまるで有閑マダムのようです。和風テイストで、食感もとても良く、食べやすいですよ。

ということで、ケーキをペロッと2つ、いけちゃいました。

こんな素敵な空間を眺めながらですよ……。贅沢すぎます。

こちらの「カフェ フレール」ですが、店主によると、2005年からやっているそうです。それ以前も、1970年代の後半から20年くらいは喫茶店として別の方が営業していたようですが、その頃がちょうど喫茶店の全盛期だったとか。

携帯電話のない時代なので、待ち合わせの場所として喫茶店が重宝された時代だったそうです。今は、そういった昔からの形態のいわゆる純喫茶が少なくなりつつありますね。

グループのお客さんには、個室もあるので良いですよ。

個室にもシャガールの版画が幾つか飾られていて、しかも丸い窓からこぼれる光がまばゆかったです。

10人ちょっとは座れるであろうテーブルとイスがあります。

文化的な会話が楽しめそうな雰囲気です!

こちらのお店、有名な観光地のひがし茶屋街と、近江町市場の間にあります。

昔は、この辺が繁華街だったとか。

併設されているギャラリーのオーナーがよく

「本当に古いものはつぶしてなくなったら終わり。古いのが好きな人は来てくれるし、新しいのが好きな人はそういう所に行く」

というような内容のことをおっしゃっているそうです。

こちらのギャラリーは、建設当時は旧三田商店という西洋小間物店として、海外からの帽子やステッキなど、当時としてはハイカラな品物を販売していたそうです。有名な人も来店していたそうですよ。

当時としてはとてもハイカラでオシャレなお店だったようですね。その雰囲気が、空気が、濃厚に残されたこの洋館。

一度、珈琲を飲みに、またはケーキを食べに訪れてみませんか?日常を離れて、昭和初期の空気に触れてみましょう。

お店情報

カフェ フレール

住所:石川県金沢市尾張町1-8-5

電話番号:076-264-4115

営業時間:10:00~22:00

定休日:なし


書いた人:

ハイリ

リュック一つで、世界約30カ国を貧乏一人旅した女ライターです。少し挙動不審ですが、映画と、旅が好きです。何だかんだ言って、日本の食べ物が一番うまい! 美味しい物を食べると少し心に余裕ができますよね。美味しい物を食べて、世界平和を目指しましょう~!(白目をむきつつ、コサックダンスを踊りながら)

関連記事リンク(外部サイト)

ドイツでおでんを作ってみました
【最高品質】牡蠣の達人に教わる「絶品すぎる牡蠣」ベスト10を食べ比べてみた
異色の“元セットアッパー”がもてなす本格イタリアン!『トラットリア・ジョカトーレ』オーナー 水尾嘉孝さん【男の野球メシ #04】

メシ通
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP