ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性が開業している人気の資格ランキング!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、女性の開業が増えている人気の資格や職種をご紹介していきます。女性ならではの細やかな気配りを活かして、開業の夢を実現してみませんか?

こんな資格で開業できる!


保育士

毎年、5万人が受験している人気の資格です。合格率は10〜20%の間を推移しています。女性の人気資格のトップ5に入っている保育士の資格をもって開業すると聞いて、どのような事業を想像しますか?そうです、託児所や保育所です。保育園入園できない待機児童が問題になる中、民間の保育所の新設が増えています。保育料は認可保育園の2、3倍です。それでも入園できない為、保育施設の需要はかなり高いと言えるでしょう。

・助産師

女性のみが取得できる資格です。助産師の養成過程が組み込まれている大学で学び、看護師資格を取得後に助産師試験の受験資格を得ることが一般的です。 助産師は、助産院を開業して、各種ニーズに合わせた出産の場を提供することができます。また、産後入院や産後のケアに特化したサービスを提供する施設を開設するのも良いでしょう。

・認定心理士

試験はなく、認定を受けて取得します。大学で取得した心理学関係の単位を中心に、36単位を明記して「公益社団法人日本心理学会」に申請します。この申請をもとに審査を受け合否が決まるのです。これで、カウンセラーとして、自宅で開業するのも可能です。

・産業カウンセラー

筆記と実技試験によって合否が決定します。合格率は60%ほどです。受験要件は産業カウンセラー養成講座をうけていること、もしくは大学や大学院で心理学の関連単位を取得していることです。

自宅サロンを開けるアロマテラピーとネイリストの試験

その他、自宅でサロンを開きやすいものに、アロマテラピーとネイリストがあります。こちらには、様々な資格の種類があります。どのように資格をとっていくか、どの資格を選ぶか検討が必要です。

・アロマテラピー検定

まず、家庭でアロマテラピーを楽しむ為の基礎知識をつけます。試験は年に2回の実施され、年間3万人が受験しています。1級に合格するとアロマテラピーアドバイザーへの申請資格を得ます。

・アロマテラピーアドバイザー

安全にアロマテラピーを利用する方法を学びます。アドバイザーとして顧客等にアロマテラピーの使用方法を説明するのに十分な知識をつけます。まずは、日本アロマ環境協会(AEAJ)の会員になり、アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受けます。この3時間の講習を修了すると資格の申請ができます。試験はありませんが、認定料が必要です。

・アロマセラピスト

「アロマテラピーアドバイザー」資格を取得してから、認定スクールで指定カリキュラムを履修します。その後、学科試験に合格すると、次の段階に進めます。この試験も年に2回実施されています。トリートメント実技試験とカルテ演習を無事に通過するとアロマセラピストとして登録・認定を申請できるようになります。

・ネイリスト技能検定1級

ネイルサロンで働いているネイルストさんの多くが取得している資格です。受験者は3級から1級までを合わせて年間6万人おり、とても人気のある資格ですよね。そして、1級の合格率は35%くらいです。

・JNA認定講師

ネイル関連の資格するとサロンを開くする他に、講習として教室を開講することもできます。認定講師資格試験の受験資格を得るためには、技能検定1級に合格してから実務経験を経ること、「ジェルネイル技能検定試験上級」と「ネイルサロン衛生管理士」に合格していることが必要です。そして、JNA個人正会員であり勉強会への出席も条件となります。

ニーズを満たして開業しましょう!

女性に人気の資格のうち、開業の夢が叶いそうなものを紹介してきました。開業には独自のアイディアが活かせますから、イメージを膨らませるのも楽しいですよね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP