ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia arcやXperia neoなどのXperia 2011年モデルで非公式にAndroid 6.0.1 Marshmallowが利用可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia arc や Xperia neo など、今となってはかなり古い Sony Ericsson 端末に CyanogenMod 13.0 が移植されました。Xperia 2011 年モデルは Android 2.3(Gingerbread)で発売され、Android 4.0(Ice Cream Sanwich)で OS アップデートが打ち切られているので、もう 3 年以上も OS アップデートは行われていません。そんな古過ぎる端末でも最新の Android 6.0.1 を試せるようになりました。今回リリースされた CM 13 は、有志の方が独自に移植した非公式版なので、CM 13 の標準機能以外の追加機能はなく、動作も不安定だと言われています。また、/system 領域の容量が足りないことから ROM をインストールするのにフォーマット処理が必要になり、さらに、データ容量を確保するために Micro SD カードの利用も必須となっています。ROM は下記のリンク先で配布されており、ROM 本体と GApps を順に(ROM に含まれている)リカバリからインストールすると導入できます。Source : XDA

■関連記事
Android版「Googleアプリ」が最新版でChromeカスタムタブをサポートし、アプリ内でWEBページが開けるようになった
スポーツや外出時におすすめ! 骨伝導のBluetoothヘッドセット「Andoer YKL-701」のレビュー
Xiaomi Mi 5(中国モデル)の対応周波数

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP