ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若者に増加の「スマホ老眼」 加齢性と異なり改善可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新聞や『あさイチ』(NHK)や『NEWS23』(日本テレビ)などのテレビ番組で近ごろ頻繁に取り上げている「スマホ老眼」。スマホの見過ぎによる若者の“老眼”が増えていると話題だ。

 眼鏡光学出版の調査によると、老眼の症状を訴える若者は2010年の0.3%から、2014年には5.1%に増加。実際、遠近両用の累進レンズを使った老眼鏡は、若い人たちにもニーズが高まっている。パリミキ・メガネを展開する三城ホールディングスによると、若年者向け累進レンズの出荷枚数は2013年を基点とした比較で12.0%(2014年)→13.1%(2015年)と増加傾向。イワキメガネが20~40代を対象とした統計でも、14%(2014年)→21%(2015年)と年々伸びている。

 本来は老化によって起こる老眼が、なぜ若い人にも起こるのだろうか。眼科臨床医で白内障手術の権威、東京・三井記念病院の赤星隆幸医師によれば、人間の目は、毛様筋という筋肉が、目のレンズ(水晶体)の厚みを調節してピントを合わせている。その毛様筋が加齢と共に衰え、ピントの調節力がなくなることで近くが見えにくくなるのが老眼。ところが、年齢とは関係なく、毛様筋の慢性的な緊張によって老眼と同じようにピント合わせができない状態になってしまう。今20~30代にも増えている若年性の老眼は、この「調節緊張」による「仮性近視」だという。

「眼球はカメラのような構造になっていて、遠くを見るときには目のレンズは薄くなり、近くの物を見るときにはレンズは厚くなって、柔軟にピントを合わせています。ところが近くを見続けることで、レンズを厚くし続けるために毛様筋は慢性的に緊張状態となります。そのため目は疲れ、遠くを見るときにもレンズは分厚いままになってしまい、遠くの焦点が合わなくなる『仮性近視』になってしまうのです」(赤星医師、以下「」内同)

 遠くの焦点が合わない状態が長く続くことで、目が悪くなったと考えてメガネやコンタクトの度を強める人は多いが、これは間違いだと赤星医師は指摘する。

「度を上げることで遠くは見えるようになりますが、緊張状態の毛様筋をさらに緊張させ、近視状態をますます強めてしまいます。すると、今度は近くの焦点が合わなくなるというドツボにはまってしまうのです。この『過矯正』によって、頭痛や気持ち悪さ、吐き気が現れることも。逆に度数を下げることで楽になります」

 対処法は、スマホを近すぎる距離で見ない。画面の大きなものを選ぶ。見る時間を区切って眼を休め、遠くをボーッと見ることで毛様筋の緊張を緩めたり、眼科で調節緊張の治療として処方される点眼薬が有効。

「毛様筋の緊張をほぐす点眼薬があります。これを夜寝る前に1滴点眼して休みます。メガネやコンタクトを新調する際にも、緊張状態で視力検査をすると、近視の度数が強く出てしまい過矯正の処方になるので、事前に緊張をほぐしておくことをお薦めします。数日間は寝不足をせず、目を充分に休めて目のレンズを薄く戻してから検査を受けてください」

 上述のように、スマホ老眼を招く原因のひとつは距離の問題だ。一定の距離で固定されているパソコンと違い、スマホはどうしても近づけて見てしまい、夜、暗い部屋で寝ながら使ってしまうなんてことも。近くのものを見るときに目に負担にならない「距離の指標」を赤星医師が解説してくれた。

「近視のコンタクトレンズには-2.5D(ディオプター)だとか、-5.0Dなど度数が書いてあります。100cmをこの度数で割ると、目に負担をかけずに見ることができる至適の距離が出ます。例えば100cmを2.5で割ると、40という数字が出ます。-2.5Dの近視の人は、40cmよりも近づけて見ると、無意識のうちに調節力が働いて負担がかかっています。40cmよりも遠くであれば、緊張はかからないので疲れないという目安になります」

 遠くがよく見えるように限界まで度を上げてレーシック手術を受けた人や、メガネやコンタクトの度を下げても見え方や疲れが改善されない人には、低加入累進レンズも対策のひとつだという。

「累進レンズは上から下へ少しずつ度数が変わっていく仕組みで、近くが楽に見られます。OLさんなど30才代の女性にかなり人気があって、ポピュラーに出ています。パソコンを長時間使う人は、こういうメガネをかけることで、疲れを減らすことができます」

 ほかにも眼精疲労の対処として、温めた蒸しタオルを目の上にのせる温あん法や、逆に冷やしたタオルをのせる冷あん法も症状軽減に有効。ドライアイも眼精疲労の要因だが、目が乾くときにさす目薬には、注意が必要だと指摘する。

「市販の目薬によく書かれている『疲れ目にビタミン』はまず効きません。まず、充血解消が効能に書いてある目薬はやめた方がいいです。ナファゾリンという血管収縮剤によって、点眼したときには血管がギュッと縮んで血液が流れなくなるので赤味はとれますが、リバウンドでどんどん血管が太くなり、慢性の充血になってしまいます。ベザルコニウムという防腐剤が入ったタイプもお薦めしません。微量でも角膜に害のある防腐剤を目に入れてしまうので、防腐剤が入っていない点眼薬が理想的です」

 迅速にピントを合わせる調節力や若いうちに持っている高性能の視力が衰えてしまうのはなんとも勿体ない。中高年でなる加齢性の老眼と違い、調節の緊張状態が原因の“若者の老眼”は改善の余地がある。本当の老眼になる前に、早めに対処したい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
初めてのめがねには「ピンク系」と「やや太め」がおすすめ
老眼鏡 不便感じるなら早めにかけた方がいいと眼科医指摘
諦めない老眼治療「モノビジョンレーシック」で視力回復可能

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP