ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『真田丸』登場の本多忠勝 「人は見た目が9割」的な逸話も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK大河ドラマ『真田丸』において、独特の存在感を放っているのが藤岡弘、演じる徳川家臣・本多忠勝である。「徳川四天王」の一角として、最強の武将と称される彼の史実を紐解くと、豪快な中にも意外な一面が見えてくる。

 忠勝は天文17年(1548年)、本多忠高の長男として、三河国額田郡蔵前(現在の愛知県岡崎市西蔵前町)で生まれた。幼い頃から徳川家康に仕え、永禄3年(1560年)の13歳で初陣を飾った。

 その後、元亀元年(1570年)の「姉川の戦い」にも参戦し、家康の本陣に迫りくる朝倉軍に対し単騎駆けで対抗、五尺三寸(約175cm)もの太刀「太郎太刀」を持つ真柄直隆と一騎打ちを行ない、その名を馳せた。

 その後、「一言坂の戦い」で武田軍をも感服させ、「小牧・長久手の戦い」では敵方の豊臣軍を前に単騎で乗り入れたうえ、悠々と馬の口を洗うなどの豪胆な行動をとったため、秀吉から「東国一の勇士」との称賛を受けた。

 天正18年(1590年)、家康が関東に移るのと同時に上総夷隅郡大多喜(千葉県大多喜町)に10万石を与えられ、上総大多喜藩初代藩主に。「関ヶ原の戦い」では家康本軍に従軍し、前哨戦ともいえる岐阜城攻めなどに参戦、本戦でも武功が認められ、伊勢国桑名藩(三重県桑名市)10万石が与えられる。

 だがその後の天下泰平の世において、家康の側近として重用されたのは政治に長けた者が主となり、忠勝のような「武闘派」は次第に追いやられ、晩年は不遇だったとされる。

 ある日、小刀で彫りものをしていた際に、手元が狂って左手にかすり傷を負う。50数回戦って一度もケガをしていなかった忠勝が死期を悟った瞬間とされ、慶長15年(1610年)、63歳で没した。

 忠勝には意外な一面もあった。実は「容姿を気にしていた」というのだ。徳川家康の江戸入府とともに忠勝の居城となった大多喜城の跡地にある、千葉県立中央博物館大多喜城分館の一場郁夫・主任上席研究員はこう語る。

「本人の肖像画である本多忠勝画像は絵師に7、8度描き直しを命じ、9度目にやっと納得したものと言われています。また、その画像には自ら葬った敵の魂を弔うための数珠が金箔押にされ、それを襷掛けにした姿で描かれています。

 兜の『鹿角脇立兜』の脇立は、何枚もの和紙を張り合わせ黒漆で塗り固めて鹿の角をあしらっており、自分の姿に対するこだわりが見え隠れします」

 忠勝が家臣に遺した『本多遺訓』にも、以下のような一節がある。

「わが本多の家人は志からではなく、見た目の形から武士の正道にはいるべし」

 これは「本多家の家人は、志よりもまず外見から武士の王道に入れ。外見を見ればその人の心根も見え、心の奥まで分かってしまうものである」という意味であるとされる。「人は見た目が9割」とされる現代にも通じるエピソードだ。

※週刊ポスト2016年3月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
57回の戦で無傷の本多忠勝 小刀で手を切った数日後に死去
「徳川家康は教育パパだった」等歴史上人物の逸話満載した本
『真田丸』 堺雅人の役柄を際立たせる内野、高嶋らの怪演

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP