ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女の友情は複雑…苦い思い出を素敵にする6つの約束

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんは誰と旅に出るのが好きですか?とくに女性の方は誰しも一度は女友達と旅行をした経験があるのではないでしょうか。

 

今回は、女友達との旅行を楽しい思い出にするために気を付けたいことを、私の苦い経験とともにご紹介します。

 

下調べはないがしろにしない

photo by pixabay

旅程と駅名だけをおさえて、あとは現地でね!なんて大雑把な計画を立てていませんか?

私はバンコクのホテルから徒歩5分の最寄駅に、1時間経っても着けなかったことがあります!ガイドブックの地名と、現地の人が呼んでいる地名が全く共通でなかったのです。

1人ならまだしも友達と迷子…暑さのせいで険悪なムードになったのは言うまでもありません。下調べって、大切です。

 

価値観は共有しておこう

photo by pixabay

さて、なぜ私たちはすぐタクシーに乗らなかったのか?それは友達との価値観の違いからでした。

 

「高額請求」などのマイナスなイメージを抱え、どうにか頑張りたい友達と、観光の時間を確保する為にも今すぐタクシーに乗りたい私。意見が対立してしまったのです。

 

いくら仲良しな友達でも、旅に出てはじめて見えてくる一面って意外とありますよね。しっかりと意思表示をして、ハプニングに2人で立ち向かっていきましょう!

 

温度差ってとっても大事!

photo by pixabay

ついつい写真を撮ることばかりに夢中になってしまうこと、ありませんか?そんな時に気を付けてほしいのが、友達との温度差を一緒にすること。

 

カメラばかり覗いて友達を置き去りにするのもいけませんが、そんな楽しそうな友達を傍目に冷めてしまうのもよろしくないです。

 

一緒に楽しむ工夫と思いやりは忘れないようにしましょう。その場の感動を共有することも、楽しい旅の思い出をつくるポイントです!

 

みんなが自分と同じと思わない!

photo by pixabay

お土産を買いすぎてスーツケースがパンパン!友達の荷物に余裕があったら…「ちょっと入れてもらえないかな?」なんてお茶目な顔してお願いしたくなっちゃいますよね?

 

でもちょっと待ってください、そのお茶目さストップ!私はわりと本気の冷めたトーンでNOと言われたことがあります!

 

自分が逆の立場だったらこうするのに!と思っていても、そうでない人もいます。皆が自分と同じ考えを持っていると思ってはいけません。

 

「なんでもいいよ」は一番困る!

photo by pixabay

正直なところ、言われてあまり気持ちのいい言葉ではありません。私の意見はシンプルにこうです。

 

「あなたの意見も聞かせて!」

 

自分が興味を持つような分野でなくても、相手に影響されて好きになることもあります。

 

お互いパートナーとして自ら相手を選んだのですから、自分の気持ちを素直に伝えたほうが旅の幅は広がります!

 

これだからやめられない

photo by pixabay

どこにいてもはじまってしまうのが女子トーク。仕事のことや恋人のこと、はたまた将来の夢や結婚観なんてのを、1日の終わりに修学旅行のように語り合ってしまいましょう。

 

普段は熱く語れない胸の内を旅先で解放してしまえば、きっと相手のことを愛おしく思えるはず。ギクシャクした苦い思い出も、いつしか笑い話になってしまいます。

 

おわりよければ全てよし!お互い綺麗さっぱり水に流して、さぁ乾杯しましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?身近にいる女性陣に聞いてみても、女同士の旅は世代を問わず何かしら苦い思い出があるようです。

 

しかし、それ以上に素敵な思い出ができることもたしかです!苦い思い出があるからこそ、旅はより魅力的になります。

 

皆さんもぜひお友達と素敵な思い出を作る旅に出てみてはいかがでしょうか。

 
友達と旅行に行く方におすすめの記事はこちらです
女性二人で行く海外旅行を思いっきり楽しむ6つのコツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP