体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外国人旅行者向け!NIPPONの見どころを詰め込んだ「ニュータイプ旅館」が誕生

年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河原にオープンする、このインバウンド向けエンタメ旅館。でも、さすがにやり過ぎでは…(笑)。

NIPPONの魅力を集約!

外国人旅行者向け!NIPPONの見どころを詰め込んだ「ニュータイプ旅館」が誕生

2016年3月1日オープン予定の「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」。ここは、日本の魅力を一度に味わえる、これまでの旅館とは一味も二味も違う“ニュータイプ旅館”です。

あえて恐れずにいうならば、「TOO MUCH!(過剰)」。けれど、それらはすべて演出。外国人観光客がイメージする「これぞ日本!」を詰め込むことでエンターテインメント性を高め、旅館にいながらにして日本全国の魅力を存分に味わってしまおうというのが、この旅館の身上なのです。

初めて日本を訪れる外国人旅行客に、新しい日本の入り口となるような旅館体験を提供する。このコンセプトのとも、新たな旅館のあり方を提唱する「The Ryokan Tokyo」。新幹線を使えば、東京から1時間弱というアクセスのいい湯河原に、その第1号が。

日本全国を満喫できる
仕掛けがいっぱい

外国人旅行者向け!NIPPONの見どころを詰め込んだ「ニュータイプ旅館」が誕生

まずは、エントランスへと続く朱色の鳥居。これは、京都・伏見稲荷をイメージして建てられたもの。玄関天井には、浅草・雷門を連想させる大提灯がお出迎え。

外国人旅行者向け!NIPPONの見どころを詰め込んだ「ニュータイプ旅館」が誕生

浮世絵の凧を見上げるエントランスホール。壁紙も和のテイスト一色です。

もちろん、源泉掛け流し

外国人旅行者向け!NIPPONの見どころを詰め込んだ「ニュータイプ旅館」が誕生

屋内浴場ではありますが、壁には堂々と富士山。さらには満開の桜。もちろん、お湯は源泉掛け流しです。

外国人旅行者向け!NIPPONの見どころを詰め込んだ「ニュータイプ旅館」が誕生

さらにはこんなサービスまで。各種イベントや日本文化体験プログラムなどを予定している小上がりスペース付近の壁には、日本を代表する観光名所の写真が並ぶ、写真撮影スポットが。貸し衣裳の浴衣を羽織っての記念写真や、湯河原にいながらにして、各地に“行った気”になれる工夫がいかにもエンターテインメント。

外国人旅行者向け!NIPPONの見どころを詰め込んだ「ニュータイプ旅館」が誕生
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。