体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時間がゆっくりと流れる日本遺産のまち「津和野」観光スポット5選【島根】

時間がゆっくりと流れる日本遺産のまち「津和野」観光スポット5選【島根】 藩校・養老 館

初めてなのに、どこか懐かしさを覚える「津和野」は、たちどまって深呼吸したくなる場所。

見所がコンパクトに点在しているので、そぞろ歩きがよく似合います。

幕末の藩内の様子を描いた「津和野百景図」の風景・伝統・人々の暮らしが日本遺産に認定された古き良き日本の情景と、山に囲まれた静かな町並みに、腕時計は不要。

時間を気にせず、ひたすら、ゆったり、穏やかなひと時を過ごしたい・・・そんな津和野のおすすめ観光スポットをご紹介します。

1.藩校・養老館

津和野の観光名所。森鷗外も学んだと言われている藩校・養老館

藩校・養老 館 森鷗外や西周も学んだ藩校・養老館

藩校・養老館は現在は民俗資料館になっています。森鷗外についてそこまで知らない人もこちらを見学すれば意外な新しい発見ができるかも!?また近くに森鴎外旧宅もあるので、ここで知識を入れておくとより楽しめるかもしれません。 藩校・養老館

「藩校・養老館」の詳細はこちら

2.森鴎外旧宅

津和野への観光の際にはぜひ立ち寄りたい森鴎外旧宅

森鴎外旧宅 森鷗外旧宅。森鷗外は満10歳で上京するまで、この家で過ごした 森鴎外旧宅 玄関の左側が鷗外の勉強部屋。幼少期から神童と名高かったという

森鷗外旧宅。昔ながらのつくりになんだかホッとします。ちなみに森鷗外は満10歳で上京するまで、この家で過ごしたと言われています 。幼少期から神童と名高かったそうです。 森鴎外旧宅

「森鴎外旧宅」の詳細はこちら

3.津和野城

当時のままの姿の津和野城

津和野城 室町時代に築城された津和野城。堅固で雄大な石垣は、築城当時のままの姿を見せている。急な坂道が多いので歩きやすい靴で登ろう

堅固で雄大な石垣は、築城当時のままの姿を見せています。急な坂道が多いので歩きやすい靴で登りましょう。 「津和野城」の詳細はこちら

4.道の駅津和野温泉なごみの里

観光の疲れはこちらで!温泉につかってリラックス

道の駅津和野温 泉なごみの里

道の駅津和野温泉なごみの里では、日帰り入浴が楽しめる。露天風呂もあり、冬場は雪見風呂になることもあるそうです。 「道の駅津和野温泉なごみの里」の詳細はこちら

5.和菓子処 三松堂

観光の休憩処に。お土産の購入もできます。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会