ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTEのレーザープロジェクター付きデバイス「Spro Plus」はLTE対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国ZTEはこのほど、プロジェクター機能付きデバイスSproシリーズの最新版「Spro Plus」を公開し、今夏にも発売すると発表した。

LEDではなくレーザーを採用することで鮮明な映像を楽しめるほか、Wi-Fiホットスポット、モバイルバッテリーとしても使うことができる多機能デバイスとなっている。

・既存モデルよりディスプレイが大きく

既存のSpro 2が5インチディスプレイだったの対しPlusは8.4インチと大きくなった。小型化、軽量化の流れに逆行しているようだが、その分、操作性や機能が向上している。

まずディスプレイは2K。そこにアプリなどが表示され、ユーザーはタッチして操作する。UIは直感的なつくりで、また音声コマンドにも対応する。

加えてLTE対応で、Wi-Fiルーターとしても機能するとのこと。

・2.4メートル先に80インチの巨大映像

プロジェクターとしては、レーザーを活用し、500ルーメンと明るくなったのが特徴だ。オートフォーカス機能付きで、2.4メートル先に80インチの巨大映像をきれいに映し出せるという。

オーディオはJBLのサウンドシステムを採用。さらには1万2100mAhものバッテリーを搭載し、連続6時間プロジェクターを使用できる。ちなみにこのバッテリー、スマホなどの充電にも使える。

ビジネスに、エンターテイメントにと活躍しそうなこのスマートデバイス、今夏にも発売される予定だが価格は未定。

ZTE

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP