ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誘惑に抗えない「〆のラーメン6重苦」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ラーメン好きには耳の痛い話。「最先端医科学研究会」代表理事の村上篤良氏は、自身も「ひいきの脂ギトギト系ラーメン店には、これまで1000回以上通った」と告白するラーメン党である。しかし、心を鬼にして「〆のラーメン6重苦」を訴える。

「あるとき、氷の入った『お冷や』にスープの脂がポタッと垂れるところを見て、6重苦が一気に頭に浮かんでしまったのです。氷水で固まった脂は消化するのが大変ですから、【1】消化活動で大量の活性酸素(がんの原因)が発生します。もちろん、【2】夜の飲食は肥満の原因です。味の濃いラーメンのせいで大量の氷水を飲むと、【3】3分の2の免疫組織が集まるお腹が冷えて免疫低下します。

 そして【4】消化活動によって体温が上がり、睡眠の質が下がります。それによって【5】サーカディアンリズム(概日リズム)が狂って免疫や精神状態に悪影響を与える危険があります。さらに、消化された脂は炎症性物質を誘発しますから、【6】アレルギー症状を悪化させる可能性が高いのです」

 塩辛さと脂はご馳走だ。原始人の時代から、人類はほとんどの時間を塩辛い食物、脂(カロリー)の多い食物を探し求めて生きてきたから、ラーメンの魅力にはなかなか勝てない。

「人類を含め、動物のストレスの9割は“餓死したくない”という漠然とした恐怖だとされます。残りの1割は、捕食者に見つかった時に感じる“食われる”という具体的な強い恐怖です。だから現代人も漠然とした恐怖を感じると『空腹スイッチ』が入って、どんどん食べたくなるのです。お酒で判断が鈍っているときにも、このスイッチが間違って入ってしまうわけです。

 逆に、強い恐怖に襲われると、食べている場合ではないので『拒食スイッチ』が入ります。この場合は、体を壊してしまう結果になりかねない。現代人は多くのストレス=恐怖に囲まれて生活しているので、どちらのスイッチも入りやすい。だからダイエットに失敗するのです」(村上氏)

 村上氏は、日本でサプリメントという言葉さえ一般的でなかった1990年代から、トップアスリートをサプリでサポートしてきたサプリメント・マイスターである。近著『コンビニで買える「やせるサプリ」「若返りサプリ」』では、ラーメン6重苦や肥満スイッチに勝つサプリ活用法を具体的に紹介している。

 例えば、脂と塩分の排出を促す「キトサン」の働きや、ストレスにより発生した活性酸素を消す「ビタミンC」が、厚労省が定めた摂取推奨量の約10倍にあたる1日1000~2000mg必要であることなどを解説している。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」
上戸彩、浅田真央、広末涼子が訪れる渋谷のラーメン店
全国行列のできるラーメン店リスト 福岡には2.5時間の店も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP