ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セ・リーグ新外国人選手を5段階評価 唯一の「星5つ」は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今季のプロ野球は、大物選手の移籍や大型トレードが少なく、新外国人選手の働きがチーム成績を大きく左右しそうだ。今年活躍する助っ人は誰なのか? セ・リーグの新外国人選手を紹介しよう。(名前・年齢・守備・主な元所属球団・推定年俸。★は5段階評価。野球評論家等への取材をもとに本誌作成)

【巨人】
ギャレット・34・外・ヤンキース・3億円
★★★★★

 メジャー通算122本塁打400打点。左中間にも飛ばせる中長距離打者。キャンプでは阿部慎之助の穴を埋めるべく一塁と左翼の守備に。

【ヤクルト】
ペレス・31・投・ブルージェイズ・5400万円
★★★★

 昨年はマイナー契約だが、プレミア12世界野球ではドミニカ代表として韓国戦に先発登板し好投。貴重な左腕の中継ぎとして期待。

ルーキー・31・投・マリナーズ・3600万円
★★★

 昨年はメキシカンリーグで51試合に登板した。193cmの長身から投げ下ろすストレートが武器。中継ぎ候補。

デイビーズ・32・投・ヤンキース・7200万円
★★★

 先発ローテーション候補のひとり。ブレーブス、ロイヤルズ、ヤンキースでの経験が期待されている右腕投手。単年契約で勝負する。

【広島】
プライディ・32・外・アスレチックス・5580万円
★★★

 内角は引っ張り外は逆らわずに打つ広角打法。昨年は3Aで打率3割20本塁打20盗塁をマーク。広島野球にはまれば面白い。

ジャクソン・28・投・パドレス・7200万円
★★★★

 155kmのストレートと2種類のスライダーを武器に、昨年は中継ぎとして3Aで48試合に登板。広島ではクローザーの最有力。

ヘーゲンズ・26・投・ダイヤモンドバックス・5700万円
★★★

 150km超のストレートと落差のあるチェンジアップが武器。低目へのコントロールもよく、先発も期待されている。

【横浜DeNA】
ロマック・30・内・ダイヤモンドバックス・7500万円
★★

 マイナー通算200本塁打のパワーヒッター。初のフリー打撃では44スイングで7本の柵越え。バルディリスの穴を埋める。守備に不安。

ペトリック・26・投・カージナルス〈マイナー〉・5000万円
★★★

 150km超のストレートを中心に、ツーシームなど多彩な変化球で組み立てる。メジャー実績はないが制球力に優れ四球が少ない。

【阪神】
ヘイグ・30・内・ブルージェイズ・8000万円
★★★

 マートンの後釜として獲得した好打者。メジャーでは一塁手が本職だったが、阪神では三塁手としての起用が予定されており、守備面での不安が残る。

マテオ・31・投・パドレス・7500万円
★★★★

 最速157kmといわれる守護神候補。「低目の制球力が高く、大きな曲がりと小さな曲がりの2種類のスライダーを使い分ける」(野球評論家・江本孟紀氏)

ドリス・28・投・カブス・5000万円
★★★

 マテオと守護神を争う。「実戦練習ではマテオを4km上回る155kmをマークしたが、制球力ではマテオに軍配が上がった」(江本氏)

【中日】
ビシエド・26・外・ホワイトソックス・1億7000万円
★★★★

 メジャー66本塁打の4番候補。パワーヒッターでありながらインサイドもうまくさばけ、広いナゴヤドームを活かせる広角打者。

ジョーダン・29・投・アスレチックス・3000万円
★★

 チェンジアップなど7種類の変化球を多投し、先発と中継ぎの両方での起用が期待されるサウスポー。コントロールに不安がある。

ハイメ・28・投・ブレーブス・3000万円

 最速166kmを3回記録したとされ、岩瀬に代わるクローザーとして期待されたが、キャンプでは早々に二軍落ちしてしまった。

■撮影/山崎力夫

※週刊ポスト2016年3月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
パ・リーグ新外国人選手を5段階評価 166km守護神候補も
マギー 映画の主演オファーあれば「丸刈りになります」と宣言
「MLBに日本人選手はもういらない」 MLB側の本音満載の書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP