ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝ドラで小汚い役の山崎銀之丞「波留さんも嫌だったと思う」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 爽やかなイケメン俳優やアイドルに盛り上がるのを横目に、圧倒的な存在感やフェロモンが魅力の渋い俳優に密かにときめいている…。そんな人が増えている。いま、渋いメンズ=「渋メン」が密かにブームとなっているのだ。

 NHK連続ドラマ小説『あさが来た』では、あさが買った炭鉱の炭坑夫の治郎作を熱演した山崎銀之丞(53才)もそんな渋メンの一人。

「半裸みたいな衣装で朝ドラとしては前代未聞の小汚い男でしたから、ヒロインの波瑠さん(24才)も嫌だったと思いますよ(笑い)。最初はお互い緊張していたんですが、あさと治郎作が打ち解けていったのと同じ速度でぼくたちも仲良くなっていきました」と、朝ドラの現場を語ってくれた。

 私生活では2人の男の子の父。

「まだ2人とも小さいからなるべく一緒にいられたらと思っています。ぼく、上の子の時は離乳食も作って記録していたんですよ」

 こんなイクメンぶりもまた大人の魅力!

【プロフィール】
山崎銀之丞●1962年5月16日生まれ。福岡県出身、身長172cm。1991年、演出家・つかこうへい氏(享年62)に演技力を認められ、福岡より上京。現在、つかこうへい作の舞台『引退屋リリー』にも出演中。

撮影■藤本和典

※女性セブン2016年3月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
つかこうへいの全盛期を間近で見た著者が氏の素顔を描く評伝
朝ドラ新ヒロイン波瑠 純白の衣装で伏し目がちな美しい笑顔
『あさイチ』の魅力はイノッチの笑顔と有働アナの上機嫌さ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。