ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東大理IIIに3人の息子合格させた母 東大AO入試を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月10日、東京大学は今年導入した推薦入試、いわゆるAO入試で77人が合格したと発表した。募集にあたっては、〈数学オリンピックなどの科学オリンピックで顕著な成績をあげたことを示すもの〉(経済学部)などの厳しい条件が課され、センター試験でも8割以上の得点が目安になるなど、総合的に難易度の高い入試になっていた。

 この推薦入試について、「まだ1回目なのでわからないところもある」とはっきりと意見したのは佐藤亮子さんだ。3人の息子を難関私立・灘高から東大理III(医学部)に現役合格させた彼女はこう言う。

「一般入試なら、医学部に入ってから物理を学びたくなれば、学部を変えられるけど、推薦組はそれができないようです」

 通常、東大の入学者は3年進級時に学部を決めるが、 「推薦組」は出願時点で学部を選ぶ。大学1、2年時から専門的な学部の講義や実習を受けられるというメリットは大きいが、逆に将来の選択肢が狭まってしまうことを佐藤ママは疑問視しているのだ。

「大学入学前に数学オリンピックで賞を取ったからって、ずっと数学をやりたい子ばかりではない。17~18才でその子の能力の一部を切り取って、進路を固定すると、将来にとって大切な多様性や可能性をなくしてしまう気がします」

 そう主張する佐藤ママは、「一般入試こそ受験の王道」との持論を展開する。

「推薦やAOで特別に優秀な子を選ぶのではなく、一般入試で入学した学生を優秀な子に育てればいいんです。入る時点でふるいにかけるのではなく、入ってからその子の特別な能力を見つけてあげて、育て上げるのが本来の教育です。子供には隠された個性がたくさんあるので、大学はそれを引き出してほしい」

「受験に恋愛は無駄」「受験は母親が9割」と断言する佐藤ママ。

 子供の勉強スケジュール管理を徹底し、学校の定期テストでは問題集のどのページをやるかまで具体的に指示し、大学受験時の願書は親が書いて子供に清書させるべき--母親が受験に深く関与する必要性について主張してきた彼女にとって、「受験勉強」とはどんな意味を持つのか。

「私は“受験中は恋愛禁止”発言で炎上しましたが(苦笑)、恋愛を全否定するわけじゃありません。でも、人間は最終的に自活する必要があります。何かの職業について、自分でお金を稼ぐためにも、寸暇を惜しんで一生懸命に勉強するべき。その結果が問われるのが受験なんです。そのサポートが親の役目です」

 う~ん、なるほど。では、佐藤ママは息子をAO入試に挑戦させたかった?

「まったくそう思いません。だって、AO入試って怪しいじゃないですか(苦笑)。そもそも合否の基準がよくわからないし。

 一般入試なら点数だけで判断できて、数学ができなかったら次は数学を猛勉強すればいいけど、AOは落ちた理由がよくわからず、人格を否定された気がするし、次にどう勉強すればいいかもわかりません。面接する側の“見極め力”も疑問です。面接官も人間だから限界がある。人間を選別する方法はシンプルであるべきなのにAOはグレーな部分が多すぎます」

※女性セブン2016年3月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「受験に恋愛無駄」で話題の母 真意は時間の有効活用と説明
1969年の東大入試中止事件 東大目指す現役受験生の進路は?
来年の九州大学数学科後期入試募集 9名の内女子枠5名

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP