ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピザ好きさんも納得! 低カロリーで美味しい「ピンサ」に注目!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

とろーりチーズがとろけるピザは大好物の人も多いのでは。具材も野菜から魚介、各種ミートまで種類も豊富で、次はこれが食べたい! なんてことも。でもやはりカロリーを気にしてしまう乙女心……。そんなピザ好きさんに朗報! ピザの本場イタリアから上陸したヘルシーフード「ピンサ」をご存知ですか?

ヨーロッパで大人気のピンサ

ピザと同じ美味しさなのに高タンパク低カロリーとあって、ヨーロッパでも人気沸騰のピンサ。そのルーツは古代ローマでピザの語源ともなった「叩き、伸ばす」という意味のピンサーレと言われています。ヨーロッパだけではなく、世界中の注目を集めるピンサですが、生地作りに手間がかかることなどから、提供しているお店はごく一部のイタリアンレストランでした。しかし最近のブームに乗ってピンサが食べられるお店も増えてきて、ついに昨年、東京の表参道にピンサ専門店がオープン。ブームの勢いは止まらなそうです。

ピザとの違いは生地にあり

一般的なピザ生地は、強力粉と薄力粉を使いますが、ピンサの生地には水分を80%も含んだ高タンパク質で最良質の小麦粉が使われています。この生地を120時間もの間長期発酵させることにより、低カロリーで口当たりの軽いサクサクの生地になるのです。そして、カリッとした焼き上がりとコクを出すために、ピザに使われているラードではなく大豆粉と米粉を使用しているのもピンサの特徴。これがまたカロリーを抑えつつもサクッモチッとした食感と美味しさを生み出しています。

スイーツとしても楽しめちゃう

長時間発酵された生地は、消化しやすく胃にもやさしいそうです。ピザの概念を覆すヘルシーさなのに、ピザと変わらぬ美味しさ、これは人気になるのもわかりますね。サクサクフワフワと軽い口当たりなので、フルーツタルトのようなスイーツとしてもイケちゃう。ピンサ専門店でも種類は豊富で、ピザの王道のマルゲリータのようなシンプルなものから、苺とレモンクリーム、林檎といったスイーツ系までカラフルに並ぶピンサに目移りしてしまいそう。

今年は日本でもブームになりそうなピンサ。ライ麦粉と大豆粉、米粉があれば、自宅でも近いものが作れるそうですよ! まずはその食感と美味しさを体験してみてくださいね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP