ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カリスマスピリチュアルブロガーが教える 素敵なパートナーを引き寄せる方法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カリスマスピリチュアルブロガーが教える 素敵なパートナーを引き寄せる方法 0216_03_01

「素敵なパートナーが欲しい! でも見つからない」と嘆いている人は多いと思います。

そこで今回、引き寄せの法則によって、相性抜群のパートナーを見つける方法を、カリスマスピリチュアルブロガー・奥平亜美衣さんの著書、『宇宙から突然、最高のパートナーが放り込まれる法則』(すばる舎)からご紹介します。

パートナーがいなくても、すでにあなたは完璧な存在

ホンネスト

恋人ができなかったり、パートナーと上手くいってない時にありがちなのが、「誰か素敵なパートナーがいてはじめて一人前になる」、「結婚した自分になってはじめて完璧な存在になる」と思ってしまうこと。

でも、そうではありません。あなたはひとりでも十分に幸せになれるのです。

幸せというのは、誰かが与えてくれるものではなくて、必ずあなたの内側からわき上がってくるものだからです。

自分で自分を幸せにしていれば、そんなあなたにぴったりな最高のパートナーがやってきて、さらに喜びが増えていく。そんなイメージです。

ですので、「最高のパートナーが自分を幸せにしてくれるのではないし、結婚が自分を幸せにしてくれるのではない。自分で自分を幸せにするんだ!」という覚悟が必要となります。

「最高のパートナー」に条件などつけてはいけない

ホンネスト

高学歴、イケメン、お金持ち、誠実などなど、知らず知らずのうちに理想のパートナーに条件をつけているかもしれません。

しかし、「最高のパートナー」とは、あなたがただ「好きだ」と心から思う相手です。

そこに理由はありません。完璧な条件の人と結婚しても、不満ばかりだったり、離婚したりということはいくらでもある話。

この人でいいのかよく分からなくなったら、全ての条件を外して「心から好きだと感じるかどうか」それだけを自分に聞いてみましょう。

好きだと思うのなら、その人が最高のパートナーです。

条件で選ぶとうまくいかない理由

ホンネスト

なぜ条件を挙げることがいけないんでしょうか。

実は、条件の裏側の本心の部分に、自分の嫌なところが隠れている場合、嫌なことを引き寄せてしまうからなんです。

たとえば、お金持ちという条件には、貧乏が嫌だという本心が隠れています。

この本心の波動が不幸を引き寄せかねないのです。

条件から相手を選ぶことは、自分で自分を貶めることでもあるのです。

自分を大切にしないとき、愛を引き寄せることはないのです。

関連記事リンク(外部サイト)

【連載:男と女のなぜ】 「愛の吊り橋効果は本当に有効なのか?」
【連載:男と女のなぜ】 なぜ、男の恋と女の恋は違うのか?
【連載:男と女のなぜ】 なぜ、赤い服を着ると、女性はより魅力的になるのか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。