ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本格的な登山経験なしでもOK!アルプスの最高峰モンブランへ挑戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。たびせんに加盟している「アドベンチャーガイズ」の山岳ガイドの古谷です。
今回はヨーロッパのアルプスを舞台にした冒険の世界へ、ご案内します。ヨーロッパ、アルプスの最高峰モンブラン。万年筆やケーキの名前にもなっているので、この名前を聞いたことがない人はいないでしょう。氷河によって夏でも白く輝いている雄大な姿はアルプスの女王と讃えられ、山頂からはヨーロッパアルプスを360度楽しめる壮大なパノラマが広がっています。

この憧れの景色を一度は見たいと思っても、「雪のある山に登るなんて自分には絶対に無理!」と諦めてしまう人がほとんどなのかもしれません。もちろん皆さんが予想する通り、モンブランは誰でも簡単に登れるわけではないのですが、実はそんなにハードルが高いことでもないのです!

山歩きやランニングなど、普段運動している人であれば、少し練習をすれば登ることができます。仮に今から練習を始めれば、半年後の夏にチャレンジすることも、そんなに難しいわけではありません。

非常にスマートな登山ができる?


登山といえば何日も重い荷物を背負って歩き、シャワーを浴びることもできない過酷なイメージを持っている人も多いかもしれませんが、ヨーロッパアルプスはヒマラヤなどとは違ってベースのホテルから1泊2日で登って帰ってくるスタイルがほとんど。

モンブランはベースとなる町がフランスのシャモニで、第一回冬季オリンピックが開かれたヨーロッパを代表するリゾートです。このリゾートにある快適なホテルに泊まり、レストランでおいしいフランス料理やアルプスの郷土料理を、ワイン片手に楽しみ、その翌日に本格的な山に登るという非常にスマートなスタイルで登山を楽しむことができます。

どのくらいの体力や技術が必要なの?

さて、実際に登る場合、どのくらいの体力や技術が必要なのかが気になるところでしょう。まず体力についてですが、例えば1周5km皇居ランニングを30分ぐらいのペースで走れる体力がベースになります。このペースは週に1回くらい走っている人なら、簡単にクリアできると思います。

次は技術的な部分について。ここのステップは2つです。

まずは雪の斜面をアイゼンという爪を靴に付けて、歩けるようになることが必要です。これは雪山の講習会に2回ほど参加すればクリアできるでしょう。

続いて、簡単な岩登りの経験も必要になります。技術的にはジャングルジムに登るようなイメージです。ジャングルジムなら誰でも登ることができますが、いかに力を使わないで無駄なく登れるようになれるかが鍵となります。

最近はボルダリングジムなども多くなっているので、そこで壁を登ってみるのが有効な練習法です。ちなみに実際の登山は、ボルダリングのジムの初心者ルートより遥かに簡単なところを登ります。

皇居の周りを一定のペースで走って、ボルダリングジムなどで登山の経験を積む。これはそんなにハードルの高いことではないでしょう。

何かを達成したときの充実感は、かけがえのない思い出になります。諦めていた人も、この夏のアルプスモンブランで新たな挑戦をしてみませんか。

(写真・文:登山専門旅行会社「アドベンチャーガイズ」)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP