ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

足首がなくなって、ふくらはぎから踵まで一直線!産後、突然のむくみに慌てて対策

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠中は体への負担が大きくなり、普段とは違ったトラブルが出ると言います。

特に妊娠後期の臨月が近づくころになると、腰や足などの骨格への負荷に加えて、内臓への負荷が重くなってくるため、手や足のむくみに悩まされる人も多いようです。

私はと言えば軽い腰痛を感じることはあるものの、むくみに悩まされることは妊娠中は一度もありませんでした。

足のむくみに気が付いたのは、出産を終えて実家に里帰りしている最中です。

気が付いたのは私ではなく、向かい合って何気ない会話をしていた母でした。

「あなた、何その足・・・!」

言われて自分の足に目をやると、自分の足が見たこともないような姿になっていました。

むくみは足首に顕著に出ていました。

あるべきはずの足首のくびれが全くなくなっていたのです。

ふくらはぎからそのまま真っ直ぐに踵までつながっている様子には本当に驚いて、ぞっとしさえしました。

足のむくみは甲にも及んでいて、まるで体中の水分が足に集まってきているようでした。

押してみると柔らかく、弱い抵抗が返ってきます。

怖いと思ったのは、痛みも何も感じなかったことです。

人から指摘されるまで、足には何の違和感も痛みも覚える事はありませんでした。

もちろん指摘されてみても、一向に足に張った感じなどはなく、普段通りの感覚のままなのです。

妊娠中のむくみについては知っていたのですが、産後にむくみに襲われるとは思っておらず、本当に想定外で驚きました。

しかも産後、数週間経った後に症状が現れるとは、思いもよりません。

出産という一大事を終えて、体のバランスが大きく崩れているんだという事を改めて感じました。

酷いむくみを見てからは、積極的にふくらはぎのマッサージをしたり、足を上げて横になってみたりしました。

また少しストレッチをして体全体を動かして、めぐりを良くしてみようと試みました。

そのお陰か足のむくみは数日で嘘のように引き、いつも目にする自分の足とまた対面することができたのでした。

著者:象吉

年齢:35歳

子どもの年齢:2歳

妊娠するまでは健康だけが取り柄で、入院もしたことが無ければ、手術なども未経験の人間でした。妊婦になってから色々なマイナートラブルに悩まされるようになり、人間が微妙なバランスで生きていることを実感しました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

まるで思春期!出産直後からのひどい吹き出物に2ヶ月も悩まされ、来客も苦痛に
産後2週間で激務の仕事を再開。大丈夫だと思っていたら、大晦日に大量出血!?
39度の高熱でダウン! 授乳を止めるか、続けるか!? 育児中の大ピンチ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP