体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の上映時間が明らかに

エンタメ 映画
batman-vs-superman

米ワーナー・ブラザースの映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の上映時間は2時間31分の長編となる。劇場チェーンのAMCが明らかにした。

ザック・スナイダーが監督を手掛ける。スナイダー監督がスーパーマンを描いた2013年の映画『マン・オブ・スティール』よりも3分長く、2009年に手掛けたアクション映画『ウォッチメン』より12分短い。思い掛けず興行収入が好調な米21世紀FOXの映画『デッドプール』の上映時間は1時間46分とさらに短い。

DCコミックスのスーパーヒーロー同士の対決を描く『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は、新たな脅威が出現し、人類をいまだかつてない大きな危機に陥れる。同作は3月25日より全世界で劇場公開される。

もっと見る:映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、最新予告映像でバットマンの壮絶な戦い見せる

クリス・テリオとデヴィッド・S・ゴイヤーが脚本を担当する。プロデューサーはチャールズ・ローヴェンとデボラ・スナイダー。

同作は、ワンダーウーマンに扮するガル・ガドットのほか、『マン・オブ・スティール』に出演したエイミー・アダムス、ローレンス・フィッシュバーン、ダイアン・レインが引き続き出演する。ジェシー・アイゼンバーグがレックス・ルーサー、ジェレミー・アイアンズがアルフレッドを演じるほか、ホリー・ハンターは米国議会の上院役を演じる予定だ。ジェイソン・モモアはアクアマン役として出演する。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』はバットマンとスーパーマンが共演する最初の実写版映画となり、また、ワンダーウーマン、アクアマン、フラッシュの初の実写化となる。ワーナー・ブラザースは2013年のコミコンにて同作の製作を公表した。

1 2次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会