ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たった10秒! 一瞬でホイップクリームを作る方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

体を包み込むかのように、甘くてふわふわのホイップクリーム。カフェやスイーツショップなどでいただくのもいいですが、おウチで思う存分食べたいと思うことも……。でも、生クリームを泡立てるのはちょっと面倒ですよね。そんなみなさんに朗報!

生クリームに「あるもの」を加えるだけで、一瞬でホイップクリームができてしまうのです。

なんと加えるのは、
レモン果汁かジャム!

その「あるもの」の正体は、レモン果汁またはジャム。この2つのうちどちらかを生クリームに加えて混ぜるだけで、ものの10秒でホイップクリームが完成! ハンドミキサーを洗う手間も、手動で泡立てる疲労も、これでサヨナラできちゃいます。

分量は、市販の生クリーム1パック(200ml)に対して、レモン果汁orジャムはスプーン1杯程度でOK。レモン果汁やジャムなら、どこのおウチの冷蔵庫にもあるアイテムなので、手間もかからないのがうれしいポイントですね。

“たった10秒”の秘密は、
レモン果汁やジャムに含まれる
ペクチンにあった!

でも一体どうして、生クリームがすぐに泡立つのでしょうか? それは、レモン果汁やジャムに含まれるペクチンという物質に。これが、生クリームの乳成分とくっついて凝固することによって、アッという間にふんわりとしたホイップクリームになるのだとか。

気になるのは、肝心の味ですが、少量を加えるだけなのでレモンやジャムの味は気にならない程度。ホイップクリームを思う存分楽しめます。手間も時間もかからないので、ぜひチャレンジを!

関連記事リンク(外部サイト)

【Twitterで話題】紙パックジュースを冷やして作る「ぷるぷるゼリー」
水を入れてレンジでチン!1分でできる「とろ〜り温泉卵」
豆腐に塩をまぶした「塩豆腐」・・・まるでモッツァレラチーズ!?

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP