ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人こそ注意!フルーツを食べて口が痒いのはアレルギーかも?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フルーツや野菜、ナッツなどを食べた後、口の周りがかゆくなったり、ヒリヒリしたことはありませんか? それは単なる「かゆみ」や「かぶれ」ではなく“口腔アレルギー”かもしれません。口腔アレルギーは、花粉症の症状がある人が発症しやすいのが特徴ですが、ひどくなると口の周りや唇が腫れたり水泡ができたりすることもあるので、注意が必要です。

“口腔アレルギー”はどんな症状の病気?

口腔アレルギーは、フルーツや野菜、ナッツなど特定のものを食べた後、15分ほどで口の中や周辺、唇などに痛みやしびれ、かゆみなどが発生する病気です。症状が軽ければ、かゆみや腫れ、水泡などが出ますが、さらにひどくなると蕁麻疹や強烈な腹痛、さらには気管支喘息発作やアナフィラキシーショックを引き起こすこともあります。花粉症の人は口腔アレルギーになりやすいと言われます。それは、花粉症の原因となるアレルゲンの構造が、特定のフルーツや野菜に含まれるたんぱく質の構造と似ているため、特定のフルーツや野菜を食べると口腔内でアレルギー反応を起こしてしまうのです。

“口腔アレルギー”を引き起こす食べ物には何がある?

口腔アレルギーを引き起こしやすい食べ物は、特定のフルーツや野菜、ナッツなどです。いつも食べている意外な食べ物も、アレルギーの原因となる可能性があるので、チェックしてみてください。

【フルーツ】

リンゴ、キウイ、メロン、グレープフルーツ、パイナップル、モモ、サクランボ、マンゴー など

【野菜】

トマト、ジャガイモ、ニンジン、セロリ、パセリ、ニンニク など

【ナッツ】

ピーナッツ、クルミ、アーモンド、ココナッツ、ヘーゼルナッツ など

口腔アレルギーを引き起こしやすい食べ物はたくさんありますが、あくまでもアレルギー症状が出るのは、その食品に反応しやすい人だけです。ひとつの食品で口腔アレルギーになったか人が、別の食品でも口腔アレルギーになるというわけではありません。

“口腔アレルギー”になりやすい人は? 予防の方法は?

花粉症の人だけでなく、アレルギー体質の人や家族にアレルギーがある人がいるという場合、口腔アレルギーを発症しやすいと言えます。予防法は、原因となる食べ物を食べないことに尽きます。口腔アレルギーの症状はその食品を食べてから15分位で出るので、食べ物を特定しやすいのが特徴です。食べ物を食べた後、かゆみなどが出たら口腔アレルギーを疑って、同じ食べ物を食べるたらどうなるかよく観察しましょう。症状がひどい時は、病院で治療薬を処方してもらうのがおススメです。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP