ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

尖閣海域で領海侵犯の中国海洋監視船 艦対空ミサイルも装備

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国軍の動向に詳しい香港の日中関係筋によると、今年は中国の尖閣諸島への攻勢が本格化するという。すでに、海上保安庁は昨年末、機関砲4基を備えた改造フリゲート艦が日本領海に侵入したことを確認した。尖閣諸島をめぐって砲弾が飛び交う事態も懸念される。ジャーナリスト・相馬勝氏が指摘する。

 * * *
 昨年末、尖閣諸島周辺海域で領海侵犯したのは中国海警局の海洋監視船3隻で、このなかで機関砲を装備していたのは「海警31239」と命名された改造フリゲート艦である。

 フリゲート艦の任務は一般的に揚陸部隊や補給部隊、商船団などの護衛だ。このため、攻撃能力に勝る駆逐艦や巡洋艦の補助的役割を担っているが、対潜水艦や対空作戦能力を備えており、機関砲や艦対艦ミサイルや艦対空ミサイルのほか、ヘリも搭載。また、敵艦や飛行機を捕捉するレーダーやソナーの性能も高い。

 今回の海警31239はもともと中国海軍が所有する053H2G型のフリゲート艦で、中国語では「江衛I型」と呼ばれ、「安慶539」号と命名された。中国海軍は安慶を含め同型艦を4隻保有していた。いずれも1990年代初めに就役していたが、昨年初めにそろって退役し、4隻すべてが中国海警局に移籍したことが分かっている。

 この理由について、中国軍の動向に詳しい香港の日中関係筋は「中国海軍のフリゲート艦としては型が古くなっていることもあるが、実際には中国海警局の海洋監視船の能力を向上させるためと考える方が現実的だ」と指摘する。

 他のフリゲート艦3隻はそれぞれ「淮南540」、「淮北541」、「銅陵542」で、いずれも安慶とほぼ同性能。すでに中国海警局に移籍されているので、この3隻はそれぞれ海警31240、海警31241、海警31242と命名されているとみられる。

 実は今年1月3日にも中国海警局の海洋監視船4隻が、尖閣周辺を航行しているのが海上保安庁によって確認されており、そのうちの1隻が前述した海警31241であることが分かっている。

 気になるのは、その航行能力や攻撃能力だ。これら4隻の同型のフリゲート艦は全長111.7m、幅12.1mで排水量は2250t。3連装艦対艦ミサイル発射装置2基、6連装艦対空ミサイル発射装置1基、100mm連装砲1基、37mm連装機関砲4基、さらに6連装対潜ロケット砲2基、魚雷発射装置6基などを装備。加えて、対潜ヘリ1機が搭載されていた。

【PROFILE】1956年生まれ。東京外国語大学中国語学科卒業。産経新聞外信部記者、香港支局長、米ハーバード大学でニーマン特別ジャーナリズム研究員等を経て、2010年に退社し、フリーに。『中国共産党に消された人々』、「芽沢勤」のペンネームで『習近平の正体』(いずれも小学館刊)など著書多数。近著に『習近平の「反日」作戦』(小学館刊)。

※SAPIO2016年3月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
3年間で8件 レーダー照射ほか中国軍の自衛隊への挑発事件
海洋覇権拡大狙う中国 第2の海軍組織で軍事力の膨張著しい
自衛隊「最新装備」実は世界最高レベルで中国軍丸裸にできる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP