ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インスタは「おばさんNG」か SNSで世代別棲み分け論議白熱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブログサービス「note」に投稿された「おばさんたちはInstagramに来ないでほしい」という記事が2月初旬に話題を集め、様々な議論が交わされた。誰でもどこでもつながれるSNSだが、その利用をめぐる世代間の争いが生じていることが浮き彫りになった事例だといえる。スマホの普及がすすんでからは、「似たような事例はいろいろな場所で起きている」とITジャーナリストの高橋暁子さんは言う。

「もともと若者は同世代とだけ、狭い範囲でつながる傾向があります。SNSでは同世代との気持ちよい空間をつくっているので、そこに幅広い世代の人が加わると雰囲気を壊されたと感じてしまう。

 特にInstagramはオシャレで可愛い空間を楽しみ、自分もそう思われたいと利用しているSNSなので、雰囲気を壊すような写真を投稿やコメントが増えると嫌だなという気持ちになるのでしょう」

 SNSの年代別利用率をみると、LINEは20代以下が62.8%、30代が47.0% 、40代で41.8%。Facebookが20代以下で49.3%、30代が38.3% 、40代で36.8%。Instagramをみると20代以下が16.0%、30代は7.8%、40代で3.5%と世代間の格差が最も大きい(平成27年版「情報通信白書」調べ)。この利用率のギャップをみると、同世代が集うInstagramの雰囲気を壊さないでほしいという願いが生じるのも無理はない。

 しかし特定の世代しか利用できないSNSというのは事実上、存在しない。そのため願わぬ相手からフォローされたりメッセージを送られるのは珍しくない。不本意なSNS利用を強いられたとき、若い世代はどう振る舞っているのか。

「たとえば、Facebookは大人の利用が増えたことで若い世代があまり利用しなくなりました。若者のFacebook離れが進んでいたアメリカでは、代わりにInstagramやSnapchatへ移っていました。同じような現象が日本でも起きていて20代以下の女性はInstagramへ、MixChannelは中高女子の天国です。

 でも、SNSというものの性質上、思いも寄らない人と勝手につながりを作り出されることは避けられません。限られた範囲でのコミュニティを作る機能があるSNSを利用するなど、上手に使い分けできている人もいるので、つまずきながら利用法を学習していくしかないですね」(前出・高橋さん)

 スマホの世帯保有率が5割を超えようとしていた4年前、大学生の間ではSNSの利用状況について「4年生はmixi、3年生はFacebook、2年生はTwitterで1年生はLINE」と言われていた。

 学年が若くなるにつれて新しいSNSを利用しているという意味で使われていた言葉だが、どれもあっという間に幅広い世代、つまり「おじさんやおばさん」が使うようになった。Instagramも同じ運命をたどるのだろうか。

「Instagramの場合は他のSNSと違って画像の加工技術が必要なので、その技術を学ぶ時間がない大人が加わるにはハードルが高いと思います。若い子が心配するような大人によるベタな写真が投稿されるようなことは、しばらくあまり増えないと思いますよ」(前出・高橋さん)

 ともあれ、SNSでの棲み分け論議は今後も白熱しそうだ。
SNSで世代別棲み分けは可能か


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オヤジ化するアラフォー女を分析した書 地雷ワードも紹介
300人調査でわかった 若者はやっぱりスマートフォン好き
男性が選ぶ「性格がよさそうな女子アナ」1位は水卜麻美アナ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。