ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中居プロデューサーも一安心 ブサイクじゃなかった舞祭組

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、いよいよカレンダー発売のキスマイの、舞祭組に注目。

 * * *
 3月9日(水)発売予定のジャニーズ事務所公認『Kis-My-Ft2 Calendar 2016.4→2017.3』(発行・小学館)の早刷りを一足先にチェックする機会に恵まれた。

 今回は、持ち歩くこともできるダイアリー型ウイークリーカレンダーに、メンバーの大アップ写真&直筆メッセージが記された卓上型マンスリーカレンダーが付いた豪華セット。発売前から話題になっていて、amazonのカレンダー売れ筋ランキングでも1位をほぼキープし続けている。

 Kis-My-Ft2(以下、キスマイ)は、今年、デビュー5周年。2011年2月12日、国立代々木競技場第一体育館で開催された単独コンサート「Kis-My-Ftに逢えるde Show vol.3」昼公演のMC中、人気ジャニーズJr.の安井謙太郎くんがステージまで運んできた茶封筒に入っていたのは、「今夏デビュー」と赤文字で書かれた一文。ジャニー喜多川社長からの直筆メッセージだった。

 ステージ中央でメンバー7人が雄叫びをあげ、抱き合ったり、ステージの花道を駆け回っていた様子は、担当記者たちの目に、いまでも焼き付いている名場面である。

 その1か月後に東日本大震災が起こり、5月に予定されていたと言われるCDデビューは8月10日にずれこんだが、今年3月16日にリリースされるシングル『Gravity』までの15作は全てオリコンのシングルチャートで1位を獲得。アルバムやDVD、Blu-rayなども全て1位を記録して、いまに至る。

 直系の先輩、SMAPに倣い、デビュー直後からバラエティー番組でしごかれていたキスマイだが、本業の歌番組では、“前の3人”(北山宏光、藤ヶ谷太輔、玉森裕太)と“後ろの4人”(千賀健永、宮田俊哉、横尾渉、二階堂高嗣)との間に、衣裳の色やデザイン、歌割り、振り付けのフォーメーションなどで明らかな格差があった。

 結成してからCDデビューするまでがジャニーズ史の中でもっとも長く、「苦労人」「下積みが長い」と言われたキスマイが、「7人揃って、やっとデビューできたのに、なぜこんな格差が?」と多くのファンから心配する声が聞こえていたのも事実。ジャニーズJr.時代、千賀健永がセンターをとるオリジナル曲もあったし、逆に玉森裕太がいまほど目立っていない時代を知るファンは余計そう感じたことだろう。

 CDデビューしてからもしばらくは、「キスマイ」と言えば「格差」というワードが付いてまわっていたのである。

 もちろん、“後ろの4人”は納得がいっていなかっただろうし、不安もあったと思う。年長の北山宏光に取材をした際、彼のところには“後ろの4人”から「どうにかならないか」との強い要望があったとも聞く。
 
 その後のキスマイのキーワードと言えば「ブサイク」だろう。ネットで「キスマイ」と入れると関連ワードのトップに出て来るのが「ブサイク」。それを逆手にとった冠番組『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)までスタートした。

 同番組に2013年10月、SMAPの中居正広がゲスト出演。キスマイのメンバー内格差について「過去のジャニーズのグループの中でも、こんなに如実に分かれてるグループはなかった」と解説した中居は、「俺がプロデュースしてやる」と“後ろの4人”のCDデビューを番組内で確約。去り際に、「グループ名は『ブサイク』」と言い残して、フレームアウトした。

 果たして、“後ろの4人”のグループ名は「舞祭組」になった。この字はジャニー社長が付けたと言われ、大先輩の「男闘呼組」や、過去に千賀が入っていたユニット「舞踊冠」を思わせる、実は“ジャニーズ伝統”の漢字名である。

 中居は舞祭組のシングルCDの作詞作曲やMVのプロデュースを手がけ、「スルメさん」というキャラとしても舞祭組とコラボ。2014年のSMAPコンサートのソロコーナーでは同キャラで舞祭組のナンバーを歌ったり、2015年9月末のキスマイの東京ドームコンサート千秋楽には、サプライズで会場に現れ、「舞祭組アルバム発売決定」の号外を客席で配布。最後まで「スルメさん」のキャラを守り、ステージで舞祭組と歌い、踊ってくれた。

 いまから思えば、その頃からSMAP周辺にはさまざまなことが起こっていたと推察できる。が、愛する後輩のために時間を作り、舞祭組のアルバム発売をサプライズ発表することに一役買った中居だったのである。

 そんな中居正広の“愛あるバックアップ”によって、“後ろの4人”が自信を取り戻したことは間違いなく、サラリーマン風の衣裳に身を包み、キスマイとは異なる“宴会ソング”や“コミックソング”を引っさげ、単独で歌番組やテレビCMに出演したり、連続ドラマで主演をしたりして、いまに至る。

 ジャニーズの中で「ブサイク」と評判のキスマイの中でもさらに「ブサイク」と呼ばれる舞祭組の4人だが、今回、カレンダーの編集担当をした小学館の女性社員は、「どこがブサイクなのでしょう?」と異論を唱える。

 写真を撮られ慣れているか撮られ慣れていないか、見せ方を知っているか知らないか…ということで言えば、俄然“前の3人”のほうが上であることはいまも間違いない。

 今回のカレンダーで、北山は目線を外したカットに哀愁がただよい、大人の魅力全開。藤ヶ谷はまるでスタンプで押したかのように“はずれカット”がなく、玉森は“かわいい自分”と“カッコイイ自分”の区別が見事で、もっとも表情が豊かだ。

 そんな“前の3人”に対し、「目ぇ、つぶっちゃうこともないのかな」と驚いていたのは千賀。最近は、東山動植物園の「イケメンゴリラ」ことシャバーニに似ていると言われ、件の中居にも、鼻から口にかけて「前に出過ぎている」とゴリラ顔を指摘される千賀だが、アンティークのピアノにもたれたり、海辺で貝殻を耳にあてたりした写真は、雰囲気に溢れた名カットばかりだ。

 シャツをはだけてメンバーの誰よりも肌を見せてくれた宮田は、高波が押し寄せる冬の海で自ら岩によじのぼり、おどけてくれた。サービス精神満点でスイッチの入り方が誰よりも早い宮田ならではのカットだが、スタジオの壁や窓によりかかって物思いにふけるカットは、「美少年」そのものなのである。

 北山に次ぐ年長の横尾は、さすがに大人の色気がある。「キスマイの母」の異名をもつ横尾は、思考能力に優れ、分析力が高い。いま、グループとして何をやるべきなのかを熟知し、「5周年なので、大人のキスマイを見せたい」というコンセプトをリードしたメンバーの一人でもある。

 そして二階堂である。昨年1月、メンバーに取材をしたとき、「結成からもっとも変わったのは二階堂」という声が多かった。やんちゃで言うことを聞かない“子供”だったこともあるそうだが、「ルックスがいちばん変わった」「かっこよくなった」とメンバーも認めている。

 ちょうどそのころ、キスマイのある女性スタッフが、「『MEN’S NON-NO』の表紙を見て、『あら? 二階堂、こんな仕事してたかしら』と思ったら福士蒼汰くんでした」と話していたことを思い出す。

 カレンダーでも二階堂のイケメンぶりは群を抜いており、スタイルもいい。バラエティー番組の出演が多いキスマイの中でも、もっとも「バラエティーを一生懸命やりたい」と言う二階堂に、ファッションモデルや、ドラマや映画のイケメン役が新たに来ないものかと私も期待しているところだ。

 舞祭組は、4人が全員、楽器を懸命に練習していて、ジャニー社長が事務所内の“一つの柱”として長年持ち続けていらっしゃる“バンド”としても活躍できる予感がする。

「スーツを着て楽器を弾いて歌っていたビートルズさんのように…」と夢は大きすぎるが(笑い)、「舞祭組らしく、入社式とか学園祭とか、デパートの屋上とかでライブをやってみたい」とは二階堂の弁。

“プロデューサー”中居正広も、“ファン代表”スルメさんも、舞祭組の成長に満足していることと思う。編集部を通じて、中居くんにもぜひ今回のキスマイカレンダーを届けてもらいたい。

◇『Kis-My-Ft2 Calendar 2016.4→2017.3』
2016年3月9日(水)発売予定
価格:2300円(税込)
発行:小学館
毎日持ち歩ける ダイアリー型ウイークリーカレンダー
A5判 128ページ
【付録】
至近距離のキスマイ 卓上型マンスリーカレンダー
A4判 12ページ
※書店やAmazonなどネット書店でも購入可能。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
キスマイ二階堂高嗣 舞祭組を盛り上げてライブもやりたい
キスマイ横尾渉 面倒見のよさでキスマイのお母さんといわれる
舞祭組 「中居さんがいなかったら、芸能界から消えてたよ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP