ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グルメさん必見!三重の離島・答志島のご当地BBQがいろいろスゴイ。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

三重県、鳥羽港の北東約2.5kmに位置する鳥羽市最大の離島「答志島」。

この春、答志島旅館組合と鳥羽商工会議所がタッグを組んで、島で獲れた新鮮な食材を使ったBBQプランを作られたと聞き、早速取材してきました!

鳥羽・答志島と言えば、言わずと知れた魚介の宝庫。カキやサザエはもちろん、伊勢えびやあわびなど、高級食材も現地の値段で食べられると言うからこれは楽しみ!

しかも有名調理学校と旅館の若手料理人が何度も試作を重ねたオリジナルソースもあるんだとか…!

答志島の見どころと、新しくできたBBQプランをご紹介します。

答志島ってこんなところ

鳥羽市の離島の中でいちばん大きな島「答志島」 鳥羽の港から約15分の船旅

「離島」と言うだけあって、アクセスはもちろん船。鳥羽の絶景を海から眺められる船旅の始まり。

船旅と言っても、鳥羽駅から徒歩約7分の鳥羽マリンターミナルから定期船で15分と驚くほどアクセスは簡単。答志島では漁業が盛んで、島の宿泊施設や飲食店では、新鮮な魚介類を味わうことが出来ます。

また、細い路地やレトロな建物など、島ならではのゆったりとした空気は、日ごろの疲れを忘れそうです。

この春、「リストランテBBQin答志島」

プランが新登場!

空と海の絶景が広がるウッドデッキで

新鮮な魚介をBBQ!

小さな島や海を見ながら…景色も最高のご馳走!

この春登場するBBQの開催場所は、こちらの「答志島ブルーフィールド」。

2013年10月にできた施設で、水平線がくっきりと見える絶景デッキの上で海鮮BBQが味わえます。

心地よい海風と、広がる海や周辺の島々の景色が料理を何倍にも美味しくしてくれます。ちなみに雨天や風の強い場合は「海女小屋」で開催。こちらも風情があって答志島の雰囲気が味わえ、オススメです。

三重県産檜で基礎が構成された三角形のウッドデッキ

木の香りのするベンチに腰をかけると余計な物は何も見えなくなり、海、空、島々そして自分だけの「特別な空間」が広がります。

愛知建築士会主催「第5回建築コンクール」で優秀賞に輝いたデザイン性の高い建物で、開放感抜群!

その日獲れた新鮮魚介をBBQ。

席ごとにサーブしてくれて贅沢気分♪

座っていると運ばれてくる料理の数々。席ごとに担当のシェフがサーブしてくれるのでさながら高級フレンチを食べているよう。

島のほとんどの人が漁業に属しているだけあって、新鮮な海の幸は毎日港に運び込まれます。今回のBBQプランでは、魚介の内容はその時期の旬替わり食材。旬を迎えたとびっきり美味しい食材をチョイス。

これにオリジナルのソースを付けてパクリ!サザエソース、エスカルゴソース、ホワイトソースなど、オリジナルソースを色々食べ比べるのも楽しい!

〆にはお魚のだし茶漬けも。しっかりだしが出たスープで大満足。カキ、サザエ、タコなどのラインナップの通常プランと、豪華な伊勢えびが付いたプランと、プランは2種。好みで選べます。

水平線が美しい海一望の景色、その時期の一番おいしい食材と、目でも舌でも島の美味しさを堪能できるって幸せです!!

BBQメニューは辻調理師専門学校が監修!

辻調理師専門学校・技術顧問の杉山忍氏(御食国 答志島大使)

答志島旅館組合の若手料理人 試行錯誤の末、納得のいくものが出来上がりました!

サザエのソースやバジルソースなど豊富な味付けが並びます

オリジナルBBQプランの開発には辻調理師専門学校・技術顧問の杉山忍氏が監修。答志島の旅館組合の若手料理人たちがアドバイスを受け、何度も議論、試作を重ねメニューを作ったとのこと。

現地の食材を毎日調理し、答志島の本当に美味しいものが分かっている宿の料理人たちと、和洋中すべての料理の知識を持った調理学校の先生との融合で、BBQのソースや前菜などオリジナルのメニューが生まれました。 答志島リストランテBBQ

住所/三重県鳥羽市答志町

営業時間/12時~14時※下記サイトより予約制

定休日/不定

料金/通常プラン4860円、伊勢えび付プラン7020円(税込)

集合場所/答志島(答志港)

アクセス/鳥羽マリンターミナルより市営定期船で答志港まで25分、答志港より徒歩10分

※鳥羽マリンターミナル11:35発の定期船がベスト

「答志島リストランテBBQ」の詳細・予約はこちら

一緒に観光地も巡ろう

パワースポット「美多羅志神社」

参拝者が奉納した白石が境内に敷かれている 「龍神さん」として親しまれている樹齢100年以上の椎の木

参道にあるハートの石、見つけられるかな?

答志島ブルーフィールドから徒歩18分の場所にある美多羅志神社。

境内に敷かれている白石は参拝者が奉納したもので、靴を脱いでお参りするのがルール。

近年、竜にそっくりな椎(しい)の木が出現し、地元の人たちから竜神さんと崇められています。 美多羅志神社(みたらしじんじゃ)

TEL/0599-25-1157(鳥羽市観光課)

住所/三重県鳥羽市答志町984

参拝時間/24時間

アクセス/鳥羽マリンターミナルより市営定期船で答志港まで25分、答志港または和具港より徒歩15分

「美多羅志神社」の詳細はこちら

島の自然や文化を歩きながら体感

至る所で見かける「八」マーク

こちらの「八」マーク、島内の答志エリアを散歩しているとあちこちで見かけます。

落書きなんかではなく、実は魔よけのマーク。島内には八幡神社という海の神様が祭られている神社があり、その八幡神社の「八」のマークを家に書くことにより、家内安全・大漁祈願、そして一年の魔よけになるとも言われています。

よーく見ると船にも書かれているのでぜひチェックしてみてください。

穏やかな海にはあちこちに船の姿が。漁師町の良さを感じる風景です。

和具サンシャインビーチは穴場の海水浴場。きれいで透き通った海水と、穏やかな波でリゾート気分に浸れます。

最後に

簡単に行ける離島に船旅、さらに地元の美味しいものが詰め込まれたBBQと、満足いく旅になること間違いなし!

この春誕生のBBQプランをぜひ予約して答志島へ出かけてみてくださいね!

関連記事リンク(外部サイト)

ロマンチック度100%♡カップルで訪れたい!大分県・別府の欲張り旅行プラン
山口・長門で楽しむ「ご当地極旨グルメ」と「温泉」6選
【関東】美容に効く!温泉成分が濃厚な湯ヂカラ自慢風呂4選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP