ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「500,000,000点!」「最高に悪趣味!」 タランティーノ最新作『ヘイトフル・エイト』愛にあふれまくりの鑑賞者コメントがアツい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全世界待望のクエンティン・タランティーノ長編第8作にして初の本格密室ミステリー『ヘイトフル・エイト』が2月27日(土)より全国公開される。舞台は山の上のロッジ、登場人物は吹雪でロッジに足止めを食らい、一夜をともにすることとなったワケありの7人の男と1人の女。そこで起こる殺人事件。ぶつかり合う「嘘」と「嘘」、やがて浮かび上がる予想外の「真相」―。オープニングから気を緩めることのできない何気ない身振りに仕掛けられた巧妙かつ緻密な伏線。タランティーノ印のブラックな笑いと過剰なアクション満載の、かつてない謎解きを見破ることはできるのか?!

日本でも熱狂的なファンの多いクエンティン・タランティーノ監督だが、今回、本作の公開を前に、一般の方を集めた試写会を実施。会場にはタランティーノ監督の新作を一足早く観ようと、多くの映画ファンが来場した。

鑑賞後のアンケートでは”100点満点中、本作は何点?”という問いに対し、100点満点という回答が続出!また、興奮冷めやらぬ猛者たちからは「500,000,000点!」、「1,000点!」といった点数がたたき出され、「タランティーノの最後の作品でも良いくらい面白かった」(20代男性)、「最高に悪趣味!公開したらまた見に行きます」(20代男性)、「血を吐くシーンのやりすぎ感が素晴らしかった」(20代男性)といった手放しでの絶賛の声が並びつつ、「バイオレンスやコメディの中に差別問題を深く感じさせて、せつなかった」(40代女性)、「バイオレンス満載なのに、男女とか人種とかに全く分け隔ての無い愛に満ち溢れてるのがすごい」(50代女性)と、シーンの裏に隠されたメッセージ性や、タランンティーノの力量を褒め称える声があがった。

“タランティーノに一言”という問いに対しては、ファンたちからの熱い想いが炸裂。「愛してるぞ!」(20代男性)、「You are crazy!!」(20代女性)、「とにかく長生きしてバカな映画を沢山作ってください!」(40代女性)、「あなたのおかげで映画が大好きになりました!」(20代男性)とタランティーノ愛溢れる声や、「あんたを超える映画を作ってやる!!」(10代男性)と、タランティーノに挑戦状をたたきつける者も登場!

また、今回本作のタイトルにちなみ、”ヘイトフル(大嫌い)な人はいますか?”という質問も実施!この問いになんと約半数以上(55%)が<いる>と回答。具体的なエピソードとしては、「会社の人全員に嫌われて、半年で辞めた」(40代男性)、「クビになった」(20代男性)、「パワハラ」(40代女性)、「一日20時間運転をさせられた」(30代男性)といった、職場に対する恨みつらみや、「家で弟のゲロを頭に被ったこと」(10代男性)、「深夜型のアパートの上の階の住人に殺意を覚える」(20代女性)などの身近回りのこと、そして、「結婚を申し込んだ相手の指に指輪をはめた時、『あなたの方が似合うから』とこちらの指にはめ直され、遠回しに断られたのだと気付いた時」(40代女性)といったへビーな回答も出てくるなど、多くの人間がヘイトフルな気持ちを抱えて日々生きていることが判明した。

タランティーノ監督の8作目にして、最高傑作と呼び声も高い本作。ヘイトフルなことでストレスが溜まっているそこの貴方!大画面の劇場で、本作を観ればスカッとすること間違いなし!

映画『ヘイトフル・エイト』は、2016年2月27日(土)より、全国ロードショー!

(C) Copyright MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.

■参照リンク
『ヘイトフル・エイト』公式サイト
gaga.ne.jp/hateful8/

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

緊急企画!AV撮影現場の裏側ってどうなってるの?AV制作スタッフたちが飲み屋で赤裸々に語りまくる「舞台裏座談会」に潜入してきたぞ!
TBS『アブナイ夜会』ロケ中にテレ東ロケとまさかの遭遇!一緒に番組を進行してネット上で話題に 「すげぇw」
「500,000,000点!」「最高に悪趣味!」 タランティーノ最新作『ヘイトフル・エイト』愛にあふれまくりの鑑賞者コメントがアツい!
生まれて初めて手品を見た赤ちゃんの反応が可愛すぎるwww【動画】
サルが酔っぱらって屋根の上で包丁もって大暴れしててマッドすぎるwww【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP