体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

その国家資格、履歴書にどう書く?資格欄の書き方ナビ

生活・趣味
f:id:lan-hatebu:20160105121759j:plain

就職や転職の際には必ず必要になるのが履歴書。しかし、書きなれないとその書き方で戸惑うことも多いものです。特に、筆が止まってしまうことが多いのが資格欄。国家資格をどう書いたら良いのかなど、履歴書資格欄の記載方法をご案内します。

履歴書の資格欄を書く際の原則とは?

f:id:lan-hatebu:20160105121810j:plain

●取得した年月に沿って、時系列で記載する

資格欄を書くにあたっては、取得または合格した年月に沿って記載していくことが原則です。いざ自分の持っている資格を書こうとしたときに、「いつ取った資格か忘れた!」ということも往々にしてあるかと思われます。こうしたことを未然に防ぐために、一度ご自身の資格を書き出して時系列で整理しておくとよいでしょう。

●資格は正式名称で記載する

全ての資格は正式名称で記載するようにしてください。一例として、「簿記」は「簿記検定」ではなく「日本商工会議所簿記検定○級」と書くような具合です。普段から使い慣れている名称を記入してしまう前に、自分の持っている資格の正式名称が何かを調べておく必要があります。また、記載する資格が民間資格の場合には、その資格試験を主催している団体名も合わせて記載することが基本です。

●応募する企業や団体の業務に関連性のある資格以外は書かない

資格欄には自身の持っている資格を全て書きたくなるものですが、応募する企業や団体に関連しないであろう資格については記載しないのが原則です。採用担当者はあなたが就職後の業務につながるスキルを持ち合わせているか否かを知りたいのであって、そこに関連しない資格を書いてしまっては、持っている資格をいかして別の仕事をすればいいのではないか?と思われてしまい、アピールどころか逆効果にもなりえます。

国家資格を記載するときの注意点は?

f:id:lan-hatebu:20160105121820j:plain

●試験は「合格」、免許は「取得」と記載する

1 2次のページ
ケイマナニュース!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会