ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダリの絵の中にダイブできる「360度ムービー」がすごい・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ダリの絵の中にダイブできる「360度ムービー」がすごい・・・

-Rizzo-Salvador-Dali-photograph-for-Paris-Match

絵画好きなら、一度は「あの絵の世界に飛び込んでみたい!」なんて妄想をしたことがあるのでは?その世界観や作風がブッ飛んでいればいるほど、なおさらでしょう。

スペインが生んだ鬼才、サルバドール・ダリは、八の字ヒゲの一風変わったシュルレアリスム(超現実主義)アーティスト。そんな彼が描いた「ミレーの≪晩鐘≫の古代学的回想」の世界に飛び込める360度ムービーが話題になっています。ダリや絵画に詳しくない人でも、その独特の世界観にハマってしまうこと必至!

超現実主義×仮想現実!?
360度ムービーを味わおう

怖く、美しいダリの世界。
今夜の夢に出てきそう・・・

スクリーンショット 2016-02-23 11.15.19

スクリーンショット 2016-02-23 11.13.42

スクリーンショット 2016-02-23 11.14.43

題材である「ミレーの≪晩鐘≫の古代学的回想」は、ダリ自身が「得体のしれない苦悶に付きまとわれた」と語るほど印象的だったという名画、ミレーの「晩鐘」に、ダリなりの解釈を加えたもの。ミレーの絵では農作業の手を止めて祈りを捧げる夫婦だったものが、ダリの絵では無機質な2つの巨大な建造物となり、荒廃的な世界観に変貌しています。

Salvador Dali, Archeological Reminiscence of Millet's Angelus, 1933-35

ちなみに、アメリカのダリ美術館では、2016年6月12日まで「Disney and Dali: Architects of the Imagination」を開催中。ここで、この幻想的な世界のVR体験が出来る模様。現地を訪れることができない人は、ぜひパソコンやモバイルで、ダリならではの世界観を味わってみてください。

Wally Rizzo, Salvador Dali photograph for Paris-Match

Licensed material used with permission by Salvador Dali Museum, Inc

関連記事リンク(外部サイト)

ミラノ国際博覧会で躍動した、チームラボの作品「HARMONY」
世界各地の壁を「作品」に変えるストリートアーティスト
水彩のように色鮮やかなシルクスクリーンプリントTシャツ「undetroze」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。