ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実はこの絵・・・絵の具ではなく、すべて○○で描かれていた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


【問題】
これらの絵に使われている
画材がわかりますか?



【正解】
なんと、ワイン!

一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、このユニークな画法をアートワークにしています。
品種やエイジングで
色相を変えるワイン

ブドウの品種やヴィンテージに応じて、ワインは画用紙の上でそれぞれ異なる色相を見せるんだそう。彼女はこうして独自にワインごとのカラーチャート表を制作し、絵の具を使い分けるようにワインの濃淡を変えて、作品を表現していきます。なるほど、確かにコーヒーよりも色合いに幅があるのはワインの方かもしれませんね。

では、今一度ワインで描かれていることを意識しながら、Sanjaさんの絵を見ていきましょう。古典絵画から、浮世絵、有名人、さらには彼女お気に入りの映画まで、モチーフはさまざま。

赤ワインの色調が「ルビー」や「ガーネット」「レンガ」などに例えられるくらい、酸化熟成することでバラエティ豊かであることに、改めて気づかされます。
ヴィンテージ感ただよう
“ワイン画”の世界

たとえば、こちらの作品「Winescape」。リースリング、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランの白ワイン3種、さらにはピノノワール、メルロー、カルベネ・ソーヴィニヨンと赤を3種の計6種類のワインが用いられているんだそう。赤だけでなく白ワインもときに使い分ける…奥が深い!











もしも、飲みかけのワインボトルがあるならば、画用紙にちょっと試してみたくなりませんか?
Licensed material used with permission by Winerelle Vinoreli

関連記事リンク(外部サイト)

ミラノ国際博覧会で躍動した、チームラボの作品「HARMONY」
世界各地の壁を「作品」に変えるストリートアーティスト
見れば見るほど、平面か立体か分からなくなる不思議な写真

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP