ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

双子ならではのトラブル、双胎間輸血症候群で帝王切開に。NICUの我が子を見て涙 by ぐっちぃ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

帝王切開で先にこまめを産み、

せっかくの抱けるチャンスだったのに

タイミング悪く、気持ち悪くなってしまい

こまめはそのまま行ってしまいました。

「双胎間輸血症候群」とは何か?ですが、

本当に簡単にいうと、うちの双子は胎盤を共有していたのですが、

つながっている血管を行ったり来たりしている血液のバランスが崩れて

血液を余分にもらっている方の胎児が大きくなり、血液を送り出している胎児は

発育不全で小さくなるというものです。

(あくまでも私の理解です。詳しいことを知りたい方はきちんと調べてくださいね!)

あのまま先生が「予定より早いですが産みましょう」って言ってくれなかったら、今どうなっていたか…

こまめがNICUへ行くことになった経緯などは、私の帝王切開後きちんとくまさんに説明されたようなのですが(私は詳しく聞いてなくてすみません)、「双胎間輸血症候群になりそうだった」というのが原因だったと思います。

ただ、こまめはNICUへ行ったのですが

のまめは普通に新生児室行きになりました。

のまめもこまめよりは大きかったとはいえ、

1980グラムという小さな体で私のもとへやってきて、おそるおそる触ったっけ。

その触っている現場を発見されて

「あれ、ぐっちぃさん立てるじゃない!こまめちゃんのところへいきましょう!おしっこ管外しましょう」

ってなったんですけども。

歩くことを余儀なくされつつのNICU行き。

しかし、「NICUにいるこまめちゃんに会いたいですよねー」なんて言われたら

「立てません」「歩けません」とは言えないですよね…。

(もちろん、ガツガツ歩けないので車椅子使いましたよー)

でも実際こまめに会うとお腹の痛みなんて!って思いますね。

こまめだってこの小さな身体でがんばってるんだ!

私だってがんばらなきゃ!って勇気をもらいました。

涙は止まりませんでしたけども…

このあと、こまめは6日間NICUでお世話になりました。

最初は見るのもつらいほど管に繋がれていたこまめでしたが

日に日に管も外され、どんどん元気になっていく様子を

担当の看護師さんがきちんと説明してくださるので

ショックもだんだん薄れてきました。

逆に24時間万全の態勢でこまめを見ててくれてありがとう!と思ったくらい。

他に同室のママさんも同じNICUにお子さんがいて

2人で励ましあえたのも助かった一員だったと思います。

しかし、私の退院後も

1日1回だけの面会がこのあと一ヶ月ほど続くのです。

(NICU→GCU→新生児室→退院という過程です)

著者:ぐっちぃ

年齢:30代後半

子どもの年齢:6歳の双子

新潟県在住。働く主婦。30歳で一卵性双生児「こまめ」と「のまめ」を授かりました。只今保育園年長。女子力高い2人の女子トークについていくのに精いっぱいです!お母さんがんばる!「双子を授かっちゃいましたヨ☆」というブログで妊娠~現在までのブログも描いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

ぐっちぃさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

「ごめんね」を胸に。妊娠19週からの不安で辛い入院生活、そして泣きながら搾乳して通ったNICU
退院時には寝不足でフラフラ…!NICUでの息子は眠らず泣きっぱなし
2人目は余裕、と考えていた私。無呼吸からのNICU入院にショック

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP