ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

世界最小!”ポケットに入るプロジェクター” Optoma『PK102』新発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ポケットに入れて持ち運べる“ポケットプロジェクター”の世界を作ったOptomaから、データも同時に持ち運べる4GBのメモリーを搭載した上位モデル『PK102』が新登場だ。すでに発売されている『PK101』より大幅にスペックアップしたにもかかわらず、重さ118g、W51×D105×H17mmの世界最小サイズをキープした。予想店頭価格は5万5000円前後(オープン)、6月5日より発売される。

『PK102』は日本のユーザーの意見を元に改良が重ねられ、内蔵メモリーのほか、音量調整、大画面への出力などのニーズにもみごとに応えてくれた。

『PK102』で動画を再生するには、まずバンドルされている専用動画変換ソフト『Pico Video Encorder』を、PCにインストールして動画を変換。あとはパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して、内蔵メモリーへファイルを転送するだけだ。内蔵メモリーには、最大約45分の高画質動画、1050枚の高画質写真を保存できるという。ニーズの高かった音量調節機能も搭載し、動画再生中でもボリュームを調整できる。


さらに、多人数で視聴したいというニーズに応えて、VGA接続によるPC画面での再生にも対応。画像呼び出し、スライドショー設定、光量切り替えなどは、本体横のジョグダイヤルで設定できるという。メニューは本格的なオンスクリーンディスプレイ(OSD)表示で、投写画面を見ながら操作する。

『PK102』は省電力モードなら約2時間の連続投写が可能なので、外出先でのプレゼンテーションや会議での利用はもちろん、旅行中やキャンプ場で映像を楽しむなんて荒技(?)もアリだ。ちなみに、ガジェット通信では『PK102』のレビューを計画中。引き続きポケットプロジェクターに注目してまいります(このニュースの元記事はこちら)。
 
『PK102』の主な仕様
投写方式:DLP方式
明るさ:10ルーメン
使用光源:LED(R/G/B)
投写距離:0.2m(5型相当)~2.63m(66型相当)
ビデオ入力:コンポジット
入力端子:2.5mmミニピンジャック(ビデオ)、ユニバーサル(VGA、USB)
内蔵メモリー:4GB
スピーカー:0.5W
バッテリー駆動時間:連続2時間(省電力モード)/連続1時間(ブライトモード)
サイズ:W51×D105×H17mm
重さ:118g
 
 

■こんな製品レビュー記事もあります
ミニブーム到来!Optoma pocket projector PK101レビュー
『プロジェクタ X Pro920』レビュー
ノートPCをタッチパネルに変えるペンマウス『Duo for laptop』製品レビュー
上り最大5.8Mbpsに強化されたイー・モバイル『D23HW』製品レビュー
世界初の“貧乏ゆすり”ガジェット!『YUREX』発売直前レビュー

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。