ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

悲願のオスカー獲得を狙うディカプリオの主演映画『レヴェナント:蘇えりし者』ポスター解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 レオナルド・ディカプリオ主演アカデミー賞最多ノミネート映画『レヴェナント:蘇えりし者』の、ポスター画像が解禁された。

 本作の舞台は19世紀のアメリカ。未開拓の荒野で狩猟中に瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラスは、チームメンバーの一人ジョン・フィッツジェラルドに置き去りにされ、そればかりか愛する息子を殺されてしまう。大自然の脅威の中で、交戦中の部族の熾烈な襲撃を交わし、フィッツジェラルドに復讐を果たすため容赦のない旅を生き延びなければならない。息子への愛情から生まれた感情に突き動かされ、「生きる」ことに執着する主人公と息子の愛が丁寧に描かれている。

 今回解禁されたポスターも、小さな息子を愛おしそうに抱くディカプリオ演じるヒュー・グラスの姿が印象的だ。ディカプリオは「父と息子の絆は、とても強い力で彼を突き動かす」と述べており、「追及したのは生き残ろうとする本能の一番奥にあるものを見つけ出すことだった」と役作りについても語っている。2013年の俳優休業宣言を覆し出演を決めたディカプリオは、本作でゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞をはじめ数々の映画賞で主演男優賞を受賞しており、悲願のオスカー獲得に世界中から注目が集まっている。また、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の『バードマン』に続くアカデミー賞2年連続受賞にも期待がかかっている。さらに、劇中の音楽は坂本龍一が担当している。本作は4月22日よりTOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー。

◎公開情報 『レヴェナント:蘇えりし者』
2016年4月22日(金)TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー
監督・製作・脚本:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
撮影監督:エマニュエル・ルベツキ
出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディほか
音楽:坂本龍一
(C)2016 Twentieth Century Fox

関連記事リンク(外部サイト)

坂本龍一が、ディカプリオ主演映画の音楽を担当&日本公開は2016年4月
坂本龍一 ドキュメンタリー映像『Ryuichi Sakamoto Requiem』公開
TOWER RECORDSのポスターに山田洋次監督&坂本龍一が登場

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP