体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マウスコンピューター、省電力版『GeForce 9800GT』搭載のゲームユーザー向けPCを発売


 
マウスコンピューターは、同社のゲーミングブランド“G-Tune”新製品として、コンパクト&ハイパフォーマンスのゲームユーザー向けパソコン(PC)『LITTLEGEAR L310EV7』と『LITTLEGEAR L310EV7』を発売しました。オンラインゲームなどのためにハイスペックPCを買ったり自分で組み立てたりしようとすると、多くのハードウェアを搭載するためにきょう体が大きくなってしまい、消費電力も大きくなることが多々あります。今回ご紹介する『LITTLEGEAR』シリーズは、幅140mm×奥行き312mm×高さ323mmという非常にコンパクトな筐体でありながら、省電力版『NVIDIA GeForce 9800GT』搭載した魅力的なモデルです。

コンパクトとパワフルを両立したコンセプトケースで最新機能を体感できる『LITTLEGEAR』シリーズ。それぞれのスペックについては、『インテルCore 2 Duo プロセッサーE8500』、デュアルチャネル4GBメモリー、1TBハードディスク(HDD)、高い描画性能を持ちながらも省電力を実現した『NVIDIA GeForce 9800GT』を搭載し『Windows Vista Home Premium with SP1』がプリインストールされた『LITTLEGEAR L310EV7』が8万9880円。パフォーマンスを維持したまま消費電力の低減を行った『インテルCore 2 Quad プロセッサーQ9550s』にCPUを変更し、ディスクドライブをブルーレイディスクドライブに変更した『LITTLEGEAR L310EV7』が11万9700円と、ハイスペックながらゲーミングマシンとしては大変お手頃な価格。どちらのモデルも、同一仕様で『DirectX9』以前の3Dゲームとの親和性や既存のハード・ソフトウェアとの互換性を重視した『Windows XP HomeEdition SP3』プリインストールモデルを選択することが可能です。ほかにもキーボードはロジクールの『Access Keyboard600(MK600)』、マウスはマイクロソフトの『LaserMouse 6000』が付属し、モニターやスピーカーを別途準備するだけですぐにハイスペックな環境でゲームを楽しむ事ができます。

本モデルで採用する『NVIDIA GeForce 9800GT』は消費電力の低減を行い、補助電源コネクタを必要としないグラフィックスカードです。これにより従来の小型PCでは実現できなかった非常に高い3D描画能力が期待できます。また、”NVIDIA PhysXテクノロジ”によりゲーム中の水面の波紋や木の葉の揺らぎ、爆発時の破片の動きをプログラムではなく実際に計算して表現させますので、まるで映画のようなリアルで迫力あるゲームシーンを体験できます。

全モデル共通でBTO(Built to Order)/カスタムオーダーメイドに対応しており、CPU、HDD容量、グラフィックスカード、マウスなどデバイスの各種カスタマイズ、プリインストールOSの選択等が可能です。また、サポートとして1年間の無償修理サポートと24時間の電話相談サポートが標準で付属します。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会