ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

教えたくない!美肌成分”シリカ”で髪から爪まで美しくなれた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コラーゲンやヒアルロン酸に次いで、セレブにも話題の美容成分が「シリカ」です。体内に摂り込むことで内側からキレイになれると注目されています。シリカの基礎知識と摂り方を紹介します。

シリカ(ケイ素)とは

シリカはケイ素(二酸化ケイ素)と呼ばれるミネラル成分。自然界には鉱物の結晶として存在しており、体内にも骨や皮膚、爪、髪に存在しています。コラーゲンの生成を助ける役割があり、骨密度をアップしたり、筋肉老化を抑制する働きもあるそうです。シリカは体内では生成されず、加齢とともに減っていくため、食事やサプリメントでこまめに補給することが必要です。

私たちの体になくてはならない成分

シリカは皮膚に多く含まれていますが、肌の潤いやハリを保つだけでなく、丈夫な髪を作り、虫歯を予防し、丈夫な骨と爪を作るために欠かせません。特に女性と密接に関係のある骨粗鬆症は、カルシウム摂取だけでは骨密度を低下させるとの結果が報告されています。シリカにはカルシウムの吸収を助け、骨を丈夫にする働きがあるので、骨粗鬆症の予防効果が期待されています。また、筋肉疲労を抑制する働きは、瞼にあるミュラー筋の衰えを予防し、瞼のむくみや下垂の改善も期待できます。

シリカウォーターが効果的

シリカを摂取するには、食品ならば玄米やひえ・あわなどの雑穀、ホタテやほうれん草に多く含まれています。シリカが豊富に含まれているミネラルウォーターならば、1Lで92mgのシリカが摂取できます。1日に体内で消費されるシリカは40~50mgといわれているので、十分に補給できますね。鹿児島のシラス大地にはシリカが豊富に含まれていて、ここで育った野菜にはシリカが多く含まれているそうです。またシラス(火山灰)を利用した石鹸やスキンケア製品も注目されています。

意識して摂り入れることで、健康な肌や髪、骨が作れるというシリカ。ぜひ試してみたいですね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP