ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【国勢調査】東京圏への人口集中が止まらない! 地方創生は「絵に描いた餅」になってしまうのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

総務省は2月26日、2015年の国勢調査の結果を発表した。日本の総人口は1億2711万人で、1920年の調査開始以来初の減少。ただし東京圏の人口は増加を続けており、一極集中がますます進んでいるようだ。

調査結果を見ていくと、東京の人口は1351万人で全国の10.6%を占めている。次に多いのが神奈川の913万人、その後が大阪(884万人)、愛知(748万人)、埼玉(726万人)、千葉(622万人)となっている。

東京、神奈川、千葉、埼玉の東京圏の人口は、5年前と比較して51万人も増加。3613万人となり、総人口の4分の1以上を占めている。
「東京で二回目の五輪を開こうという時点で、もはや先は見えた」

日本の人口がいずれ減少に転じ、東京圏の人口集中が進むことは、以前から予測されていたことではあったが、これが報じられるとネット上で多数の反応が寄せられた。

「都心集中はホントにまずい問題と思う。今も、これから先はもっと。全国土の5%だか10%にこれだけ人が集まって、国として成り立っていくんかいな」
「そら毎朝、駅のホームに人が落ちんばかりに溢れるわけや。日々の疲労は仕事より満員電車の中で蓄積されてる気がする」

1平方キロメートルあたりの人口密度を見ると、東京は6168人で全国平均の18.1倍。2位の大阪(4640人)にも大差を付けており、今さらながら人が多い。もうこれ以上増えるのは勘弁願いたいレベルだ。

一方で、地方は地方で大変なことになっている。2010年からの増減を見ると、東京や沖縄、福岡、愛知などを除いた39道府県で人口が減少。人口が最も少ない鳥取は、1万5000人減って57万4000人となった。この数字は、東京の足立区(67万1000人)より少ない。

安倍政権は昨年から「地方創生」を掲げて色々と施策を練っているが、この有様では地域活性化は無理という見方も出る。「地方創生など絵に描いた餅」「東京で二回目のオリンピックを開こうという時点で、もはや先は見えた」というのだ。
人口問題研究所の推計は「2060年に8674万人」

東京へ人、特に若者が流れていく一番の理由は、やはり「地方には仕事がない」というところだろう。そのため、「地方は仕事がない→人が東京に行く→人がいないから企業も進出せず仕事が生まれない」という悪循環が起きている、という見方もある。

地方の求人の、悲惨な状況を書き込む人もいた。週休1日で手取り14万8000円という「雇う気があるのかと思えるような金額」の正社員求人をハローワークで見て、「こんなもの人が来るのかと思ったけど、結構な人が応募していた」と書いている。それだけ他にましな仕事がない、ということのようだ。

だが逆にいえば、仕事さえあれば地方に住みたいという人も少なくない。地方から政令指定都市に出てきたという人は、本音では「親の面倒見ながら地元で仕事がしたい」と書く。しかし、地方と政令指定都市では賃金格差があるので「飯食っていけないのが目に見えてる。今こそ一極集中から分散を」と訴えている。

また、企業を誘致するためには、いっそのこと「経団連が本部を地方に移すべきだ」という意見も。「東京の俺様のところに来いじゃ、企業の地方分散なんて進むわけない」というのだ。

その一方で人口減の傾向は止められず、現実を受け止めるべきとする見方もある。一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事の木下斉氏は、日本の人口が8500万人(編注:2060年に8674万人)にまで減るとする国立社会保障・人口問題研究所の推計もあるとして、「『これを前提とした社会設計』が基本ですよ、という話」と投稿している。

あわせて読みたい:「家事は女がやって当然とか日本死ね!」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP