ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日頃使わない楽器でアーロとスポットの絆を表現、映画『アーロと少年』の音楽づくりに込めた想いとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 作曲マイケル・ダナが、音楽を担当した映画『アーロと少年』の曲作りについて明かした。

 マイケル・ダナは、弟のジェフ・ダナとともに『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した277日』の音楽を担当し、同作でアカデミー賞作曲賞を受賞。同作の音楽に感銘を受けたピーター・ソーン監督が、熱烈オファーし、今回のタッグが実現した。ソーン監督は「マイケルとジェフはある場面では優しくて希望に満ちたテーマを奏で、次の場面では力強くてパワフルな音楽を作り出すことができるアーティストなんだ」と大絶賛。弱虫な恐竜アーロが、勇敢な少年スポットと出会い、一緒に冒険をする様子を「アーロが家族と離れ離れになり不安な気持ちから、徐々にスポットとの友情を知るうちにアーロは自信を持って行く。最初の怖い場面ではダークな音楽にし、最後の感動的な場面ではフル・オーケストラで喜びを表現したんだ」と語った。

 また、今回は従来とは違うやり方で曲作りに臨んでいる。エモーショナルで印象的なメロディーなテーマ曲を希望されたマイケルは、録音時にオモチャのピアノやチューニングの狂ったピアノを、あえて使用した。「アップライト・ピアノには素敵な我が家のような居心地のよさがあり、美しく温かく愛に溢れたアーロの家を思い起こさせる心に響く音楽になったよ」と述べ、感動的な音楽の秘密を明かした。

◎公開情報『アーロと少年』
3月12日(土)全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C) 2016 Disney/Pixar.All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

Kiroro 『アーロと少年』のエンドソング「Best Friend」熱唱に観客500人が感動
ディズニー/ピクサー『アーロと少年』Kiroroの名曲乗せたミュージック予告解禁
秦 基博 桐谷美玲主演ドラマ主題歌が有線J-POPリクエストランキング1位

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP