ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カニエ・ウェストの“グラミー批判”に同協会CEOが返答

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カニエ・ウェストの“グラミー批判”に同協会CEOが返答

 資金援助を呼び掛けたマーク・ザッカーバーグからの電話をまだ待っているかもしれないカニエ・ウェストだが、レコーディング・アカデミーCEO兼社長のニール・ポートナウは話を聞いてくれると知り、ホっとしていることだろう。

 ウェストは2月24日午後に行った一連のツイートにて、グラミー賞は“ズレている”と批判し、連絡を取りたいと公然とポートナウに要求した。「ニール、一刻も早く連絡が欲しい。我々はグラミーを再び今の文化に即したものにできるのだから」とツイートしたのだ。

 これに対し、ポートナウは同ツイートから2時間も経たずしてウェストの批判に応じ、米ビルボード宛に次のステートメントを送ってきた。

 ポートナウは、「カニエ・ウェストはレコーディング・アカデミーが幾度となく認め、表彰した、クリエイティブなパイオニアです。クリエイティブなコミュニティの一員として、当アカデミーは彼の意見を尊重しますし、いつでも彼を歓迎します。音楽の未来や音楽クリエイターたちが未来を形づくる上での重要な役割について、直接的かつ建設的な意見交換をすることにカニエが加わるのは、私個人的には大歓迎です」と述べている。

 また、グラミーのツイッター・アカウントを通じて「カニエ・ウェスト、私はツイッターはやらないが連絡ください。じっくり話しましょう。-ポートナウ」とも綴っている。彼の関係者がカニエ側に連絡を取り、伝統的なハリウッド・スタイルである“ランチをする”ことになるのかもしれない。

関連記事リンク(外部サイト)

【FRF ’16】フジロック出演アーティスト第2弾発表!ベックが7年ぶりに日本へ
マドンナがマニラの保護施設をサプライズ訪問、子供たちと交流
レディー・ガガ、最近撮ったケシャとの写真&ビデオ公開“ケシャを自由に”

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。