ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球新外国人の「大型化」進行 平均体重は98kg

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今季のプロ野球界はFAやトレードでの戦力補強が少ない。だからこそ27人の新外国人選手に期待がかかる。野球評論家の江本孟紀氏は、野手の注目株はギャレット(巨人)だという。

「メジャー通算122本塁打で左打者ながら左中間にも大きな打球が飛ぶ。巨人はロッテから引き抜いたクルーズも含め7人で4つの外国人枠を争うが、ギャレットとクルーズが定着すればリーグ最低の貧打は解消される」

 阪神がマートンの穴を埋めるために獲得したのがヘイグ。昨年は3Aで11本塁打、92打点、打率3割8分8厘の成績を残している。金本憲知監督の評価も「逆方向にもコンパクトな打球を打つ」と上々だ。他には身長193cm、体重135kg(NPB史上最重量)の楽天・アマダー、メジャー通算66本塁打の中日・ビシエドに期待が集まる。

 投手の中で際立っているのがコーディエ(オリックス)。最速166kmの触れ込みで、スライダー、チェンジアップ、ツーシームも操る。福良淳一監督もクローザーに即決したという。今年はクローザー候補の剛速球投手が多く、ソフトバンクのスアレス、西武のリー、広島のジャクソン、阪神のマテオ、ドリスらも150km投手といわれる。

 新外国人27人の平均体重が98kgという今年の“大型補強”。成功するのはどの球団か。

■撮影/山崎力夫

※週刊ポスト2016年3月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
プロ野球珍記録 キャッチャーライナーや本塁打8本で7得点等
大打者・金田正一「今度は打撃論をやろう」と桑田真澄に提案

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP