体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シリア一人旅】あのときは温かさと平和で満ちていた、世界遺産の古都

連日のようにテレビや新聞で報道されているシリア情勢。悲しいニュースや映像を見聞きするたびに、本当に胸が痛くなってしまいます。

筆者は中東湾岸に住んでいたことがあり、情勢が安定していた2010年末にシリアへ一人旅したことがあります。世界最古の街のひとつとも言われる首都ダマスカスは、アラブの美しい情緒にあふれ、歴史を感じさせる活気ある街並みがありました。

今回は、平和で穏やかな時間が流れていたダマスカスについてお伝えしたいと思います。

そのときは平和で美しかった、シリアの古都ダマスカスを偲ぶ

ダマスカス空港着陸直前。雨が少なく乾燥しているため、砂が舞っている濁った中東特有の空。

そのときは平和で美しかった、シリアの古都ダマスカスを偲ぶ

新市街中心部。ダマスカスは約1万年前から人が住み続けている、世界最古の都市のひとつと言われています。奥に見えるのは旧約聖書にも登場するカシオン山。

そのときは平和で美しかった、シリアの古都ダマスカスを偲ぶ

多くの商店が軒を連ねる新市街。活気ある下町風情が漂っていました。

そのときは平和で美しかった、シリアの古都ダマスカスを偲ぶ

中東のファーストフード、「シュワルマ」を売るお店。

そのときは平和で美しかった、シリアの古都ダマスカスを偲ぶ

街で一番人気のローストチキン屋。お客さんがひっきりなしに入っています。

そのときは平和で美しかった、シリアの古都ダマスカスを偲ぶ

店頭のオーブンで豪快に焼かれるローストチキン。香ばしくジューシーなお肉が絶品でした。

そのときは平和で美しかった、シリアの古都ダマスカスを偲ぶ

シリアの街では、マクドナルドやコカ・コーラなど「米資本的なモノ」が全く見当たりません。日頃見慣れた看板やモノがないと、独特の不思議な雰囲気を感じます。

そのときは平和で美しかった、シリアの古都ダマスカスを偲ぶ

米国からの経済制裁の影響も関係しているのか、古い車が現役でたくさん走っていました。

そのときは平和で美しかった、シリアの古都ダマスカスを偲ぶ

最近ではめったにお目にかかれなくなった、四角いフォルムのクラシックカーも街にあふれています。

そのときは平和で美しかった、シリアの古都ダマスカスを偲ぶ
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy