ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

民意の裏付けのない政権

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

山本一太ブログ

今回は山本一太さんのブログ『山本一太の「気分はいつも直滑降」』からご寄稿いただきました。

民意の裏付けのない政権

午後8時過ぎ。何人かの新聞記者から電話があった。鉢呂経済産業大臣の辞任についてだった。「一太さんが、今朝のテレビ番組で言ったとおりになりましたね!」

民主党政権の体質は変わっていない。野田内閣の支持率は、予想以上のスピードで“急落パターン”に突入するだろう。 年末には、それこそ“崖っぷち”に立たされている可能性がある。

結局のところ、今の不安定な政治システムを再構築する方法は“解散総選挙”しかない! 政治をリセットした後なら、“大連立”も現実な選択肢の1つになると思う。

いずれにせよ、“民意の裏付けのない政権”に、国家的危機にある日本の舵取りが出来るはずがない! それは、野田総理自身が、2年前の著書で明言していることだ。「民意を問わずに、1年ごとに総理を変える自民党はダメだ!」と。 

急がば回れ! 「国難の時に選挙なんてやっている暇はない」のではなくて、「国難だからこそ、一刻も早く民意で選ばれた強力な政権を作らねばならない」のだ。 野田政権が求心力を失っていく過程を見ながら、国民もきっとそう思うようになる。それも、思ったより早く!

執筆: この記事は山本一太さんのブログ『山本一太の「気分はいつも直滑降」』からご寄稿いただきました。

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。