ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

はさみの切れ味を復活 簡単な手入れで長持ちする研ぎ器レビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


包丁を簡単に研ぐことができるアイデア道具は多いですが、はさみに対応した物はあまりありませんでした。「包丁もナイフもはさみも同じ刃物だから関係ないのでは?」と言われそうですが、実は大きな違いがあります。時々、包丁用の簡易研磨機ではさみを研ぐと切れ味が悪くなったという話も聞きます。 
今回筆者がサンプル提供でもらった『Yoofor 包丁研ぎ器 ハサミ研ぎ器 4段階研ぎ』を使うと簡単にはさみの切れ味を復活させることができます。

はさみと包丁は何が違うのか?

一見、はさみは包丁やナイフを二つ組み合わせた刃物に見えます。でも、包丁やナイフは刃が「V字」に付いています。一方はさみは「斜め」に付いています。


包丁やナイフはこのようにV字に刃が付いています。


はさみは「斜め」に刃が付いています。




はさみを包丁やナイフ用の研ぎ器で加工すると、無理矢理「V字」の刃がつけられ、隙間が出来ます。紙を切っても巻き込むだけで切れなくなります。

はさみ専用の研ぎ器で安心です

見た感じは包丁やナイフ用と変わらないですが、1番の溝がはさみ専用です。少し紛らわしいですが、包丁専用の溝にはさみを入れると切れ味が悪くなるので注意です。


包丁の場合はテーブルに置いて使えます。はさみの場合は握って使うと便利です。




包丁はV字、はさみは斜めに研ぐことが出来る設計です。


使い方は、はさみを少し開けた状態で差し込み、押しながら広げていきます。二回程度軽く行うと切れ味が復活します。


はさみを押し広げて研磨してください。

安いはさみでも研磨して使えば便利なことが多いです

今、はさみは100円ショップやディスカウントで激安で売られています。「使い捨てでも良いのでは?」と突っ込まれそうですが、一般ゴミとして捨てることが出来ないので意外に面倒です。また、処分できないはさみがペン立てや引き出しにたくさん入っているという事も多いです。見た目も悪いし、「使おうと思ったら切れ味が悪かった!」という事もこの研ぎ器で解決です。切れ味が悪くなったら二回程度本器で研ぐことは通販サイトのボタンをクリックするより手軽なのではと思います。

ヨウフォーYoofor 包丁研ぎ器 ハサミ研ぎ器 4段階研ぎ 商品レビュー専門 YouTube
https://youtu.be/vZksbdNwZGw

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 動画解放軍) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP