体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お土産にもおすすめ!イギリスの紅茶ブランドTOP10

Photo credit: Emi Hatakeyama「london 弾丸ロンドン」

Photo credit: Emi Hatakeyama「london 弾丸ロンドン」

TRiPORTライターのさとりんです。
癒しの時間は人それぞれあると思いますが、わたしにとっての癒しの時間は、ふかふかのソファーで、紅茶をゆっくりと飲むこと。そうすることで、気分がリフレッシュできるんですよね。そして、この癒しの時間の最大のポイントが、その時に飲む紅茶。大切な癒しの時間にはおいしい紅茶が必要不可欠!
そこで、紅茶と言えばイギリス。紅茶の本場なだけあって、紅茶のブランドも種類も豊富で中には王室御用達のものがあったりして、おいしいものばかり! その中から自分のお気に入りのものを見つけたいですよね。
今回は、イギリスの紅茶のブランドとそのブランドの商品を数点ご紹介したいと思います。イギリスのお土産にと考えている人も是非、参考にしてみて下さい

1. ウィッタード・オブ・チェルシー(Whittard of Chelsea)

Photo credit: Mtaylor848 (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: Mtaylor848 (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

1886年に創業した老舗の紅茶店。過去には経営危機に陥ったこともあり、ブランドのロゴの見直しやパッケージデザインが改良され、そのロゴやデザインのかわいさから人気を集めています。特にマグカップやティーポットのデザインは他ではないかわいさなので、コレクションする人も多いとか。
紅茶関連のもの以外にも、お茶菓子、コーヒー、ココアなどが売られています。紅茶選びに不安な人でも、ここではサンプルを試飲させてくれるので、自分の舌で味を確認できますよ。また好みの味にブレンドしてくれるのも嬉しいですね。
店内はカジュアルで、気軽に入ることができる雰囲気。ハロッズやフォートナム・アンド・メイソンのものに比べると庶民的な値段設定になっているので、大量買いしてお土産にもおすすめです。

■ダージリン

Whittard-Darjeeling

出典:ライフ&ビューティ

ダージリンは、紅茶のシャンパンとも呼ばれています。渋みがあって日本人の舌に合いやすい紅茶。ダージリンをいただくならストレートがおすすめです。

■ウィッタード・オリジナル

Whittard-Original

出典:Kitchin Garden

ウィッタード・オリジナルは、アッサム、セイロンそしてケニアをブレンドした紅茶です。香りがとてもよく、華やかさの中に渋みもあるまろやかな紅茶で、食事にも合います。ミルクティーにするのもおすすめ。

公式HPはこちら

2. ウィリアムソン・ティー(Williamson Tea)

Mighty Project 365(3) Day 319 by Keith Williamson, on Flickr
"Mighty Project 365(3) Day 319" (CC) by  Keith Williamson 

1 2 3 4 5 6次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会