ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YouTube、動画加工ツールに人物の顔などにぼかしを入れる新機能を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

YouTube が動画制作者向けに動画のオブジェクトに対して “ぼかし” を入れられる新機能の提供を開始しました。ぼかし処理機能は、動画の特定の部分や人物の顔に対し、ぼかしを入れる機能です。挿入したぼかしはオブジェクトの動きに追従するので、一度設定すれば動画全体にわたってぼかしが適用されます。この機能は、YouTube の動画加工ツールの「ぼかし効果」タブから利用できます。ここでは、人物を認識して自動的に顔にぼかしを入れる方法と、特定の部分にぼかしを入れるカスタムモードを選択できます。詳細はヘルプでご確認ください。現在、ぼかし処理が可能なのはデスクトップ版のみです。Android アプリでは今のところ利用できません。Source : YouTube

■関連記事
スマートロック「Qrio Smart Lock」がAndroid Wearに対応
キャリア向けのGalaxy S7 / S7 edgeは最初に挿入したSIMカードでSIMロックをかける仕組みらしい
HTC One M10には16GB / 32GB / 64GBモデルが存在するという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP