ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「まずは社員と一緒に汗をかいてから」 新卒採用説明会で「運動会」を実施する企業が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ数年、就職活動では売り手市場が続き、多くの学生が大企業へと流れる一方で、中小企業からは「なかなかいい人材が取れない」といった声が出ている。各社とも学生の興味を惹くために色々と苦慮しているが、そうした中、説明会で「運動会」を開く企業が現れた。

福井県坂井市で靴の流通販売事業を行っているザカモア社「会社説明運動会」と題して企画したもので、イベントサイトによると、3月21日に同市内の体育館で実施。4時間の運動会で一緒に汗をかいた後、1時間の説明会を行う。
「会社に興味がなくてもOK。純粋に運動会を楽しもう!」

2017年卒の学生だけでなく、2018年卒の大学2年生も参加可能だ。「頭より先に体が動いちゃう学生向け」だという。服装はもちろん、ジャージなどの動きやすい格好でOK。「運動会の後に会社の説明もするけど、そのままの服装で参加してください!」と書いている。

「あ、僕らの会社に興味なくても、純粋に運動会しに来てもらってOKだから♪ みんなで楽しもう! 運動会へのエントリー、お待ちしてます」

運動会では、大縄跳びや10人11脚、障害物競争など、定番の競技を用意。同社からも代表含む10人が参加する。

せっかくの説明会なのに、まるで運動会の方が重要という書きぶりだが、どういうことなのか。同社と一緒に今回のイベントを企画した採用支援企業LinkMakerの大連達揮さんは、「運動会はザカモアの体育会系の社風と親和性が高いと思いました」と語る。

同社にはデザイナーなどの専門職もいるが、スキルよりも「目の前のことに素直に取り組む人材」を求めているという。運動会を精一杯楽しむことができる人材はうってつけのようだ。
会社の「ノリ」を事前に知ることでミスマッチを減らす

一方で、中小企業は現在人材を採用するのが大変なため、「目立つことで差別化を図りたかった」という考えもあるという。

「学生が中小企業に就職しようとしても、親が『そんなとこ辞めて大企業にしなさい』ということがある。でも、なぜ大企業がいいかというと、ただ名前を知っているからだったりします。それなら少しでも話題になる説明会を開催して、『運動会みたいな面白いことやる会社ならいいよ』と思ってもらえるようになれば」

また、運動会には同社の社員も参加し、学生とチームを組む。そこで交流することで、自分がその会社のノリや空気に合っているかどうか分かるので、ミスマッチが減るという。大連さんは、「互いにスーツを着て説明会を実施しても表面しか分かりません。まず一緒に汗をかいて、会社のことを知っていただけたらと思います」と話していた。

定員は20人で、すでに10人以上から応募があるという。同社は選考に入ってからも変わった企画を用意しており、2次ではログハウスでの合宿、最終では社長との食事会があるとのことだ。

あわせてよみたい:新卒での会社選びに4割以上が「後悔」していることが判明!
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP