ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダイエットにも離乳食にも◎ メープルシロップこそ万能甘味料!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヘルシーで甘党さんも大満足できちゃう甘味がメープルシロップ。ホットケーキのシロップとして使うだけで、他に活用していないなんていうあなた、とてももったいないことをしていますよ!メープルシロップは赤ちゃんの食事にも取り入れられるほど安全性も栄養価も高いのをご存じでしょうか?

メープルシロップは天然食品だった!

メープルシロップは、メープル(カエデ)の樹液を煮詰めたもので、100%天然の食品です。原産国はご存じのようにカナダです。ケベック州、オンタリオ州、ニューブラウンズウィック州、ノバスコシア州などで収穫されます。夏暑く、冬は-30度になるような過酷な気候の中でメープルは育っています。

栄養豊富だけど低カロリー

メープルシロップには、ビタミンやミネラルがバランスよく豊富に含まれます。メープルシロップに含まれるカリウムはナトリウムを排出して体のむくみをとります。不足すると心臓病や高血圧につながるマグネシウム、マグネシウムとともに骨粗鬆症を予防するカルシウムも豊富に含みます。たんぱく質・糖質の代謝を進める亜鉛も含まれます。他にもたんぱく質、アミノ酸、ポリフェノールの他、炭水化物をエネルギーに変換するビタミンB1、皮膚や粘膜、爪などを健康に保つビタミンB2、炭水化物や脂肪を分解するナイアシンなどのビタミンが含まれます。それなのにメープルシロップは低カロリー。100gで比べてみると、ハチミツが294kcalであるのに対して、メープルシロップは257kcalです。

赤ちゃんにも安心のメープルシロップ

ハチミツも安心な甘味の1つですが、乳幼児にはNGという話しはよく知られていますよね。1歳未満の赤ちゃんは腸内環境が未発達なために、ハチミツを食べさせると乳児ボツリヌス症を起こすことがあるのです。一方メープルシロップにはその心配がありません。着色料や添加物もまったく含まず安心して食べられる食品です。離乳初期には小さじ5分の1程度、離乳完了期には小さじ1杯弱と少しずつ食べる量を増やしていくとよいとされます。ご自身のダイエットにはもちろん、小さなお子様のいるママはヘルシーなお菓子作りなどにメープルシロップを利用してみてはいかがでしょうか?

writer:松尾真佐代

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP