体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TSカメラ部】第1回 即実践! iPhone写真で「いいね!」をたくさんもらうテク

毎日せっせとSNSに写真をアップしているのに、思ったより「いいね!」がつかない……とお嘆きの方。顕著に現れるのは、誰かと一緒にお出かけしたときでしょうか。友達が撮った写真には「いいね!」がたくさんつくのに、自分の写真には反応がない。

SNSでのつながりの多さや人望といった覆しがたいファクターはさておき、どうやら自分には写真撮影のセンスが欠如しているらしい……。でも、スマホのカメラって最近ものすごく性能が上がってるわけだし、ちょっとコツを掴めば写真の見栄えを向上させることはできるはず。

というわけで、スマホでの撮影のコツを探求し、「いいね!」のみならず、思わずシェアしたくなるようなスマホ撮影テクニックを模索&探求するためにT&S編集部ではこのたび「カメラ部」を結成しました。ちなみに、みんな素人です。

さて記念すべき第1回は、そもそも人様から「いいね!」を頂戴する前に、スマホカメラ、とりわけiPhoneカメラの扱い方をわかっているのか、自分? という自問から、まずは手っ取り早く、かつお手軽に写真の見栄えをよくしてしまう超基本テクから確認したいと思います。何ごとも基本が大事。押さえておくだけでかなり見栄えが変わるテクばかりなので、ぜひご一読ください。

【1】シャッターは「押す」のではなく、「触れて、離す」

意外と知られていませんが、iPhoneカメラのシャッター(アイコン)って、タッチしたときではなく、実は指を離した瞬間にシャッターが切られます。なので、撮影時はシャッターにそっと触れて、指を離すことに集中した方がブレない写真を撮りやすいのです。

しかし、ゆっくりシャッターを押そうとすると「バーストモード」という連写状態になってしまいます。もっとも、このモードでは撮影後にたくさん撮った写真からブレていない1枚を選ぶことができるので、初心者は基本、このバーストモードで撮影するつもりでいた方がよいかもしれません。

それでもブレちゃう方。スマホ用の三脚を使うのも手です。非常に小型で軽いものがたくさん発売されているので、思い切って1つ購入してみましょう。その場合、シャッター操作で本体が動いてしまわぬよう、タイマー機能(画面上部にある時計のアイコンをタップ)を利用して撮影するとブレません。夕方以降や屋内の撮影などでは、コレでかなり見栄えがよくなります。

【2】構図を決めるときは、グリッドを活用すべし

水平線や地平線、あるいは建物内やビル群など、水平(もしくは垂直)がビシッとキマっているだけでも写真の印象がグレードアップします。

そこで意識したいのがiPhoneカメラに表示されるグリッドライン(「設定」→「写真とカメラ」→「グリッド」をオンにして表示)に、被写体の水平・垂直をあわせて撮影すること。もちろん、シャッター操作でズレてしまうこともあるので、前項同様にバーストモードや三脚を利用してもよいでしょう。多少のズレならば「写真」アプリや「Instagram」などの写真加工アプリで、あとからチャチャッと傾きを調整しちゃいましょう。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy